肥満の産科患者における硬膜外鎮痛:三次病院における非肥満患者との比較検討と後ろ向き研究

・肥満は産科患者に頻繁に見られる症状になりつつある。肥満指数(BMI)が高いと、脊柱管を用いた手技の難易度が高くなり、硬膜外鎮痛がうまくいかないことと密接な関係がある。本研究は、三次病院で分娩に際し脊柱管鎮痛法を受けた肥満の産科患者を分析し、手技とその成功に関する側面を評価することを目的としている。 ・1 年間の後ろ向き的観察記述…
コメント:0

続きを読むread more