トレンデレンブルグ位での腫瘍患者の腹腔鏡下手術後の脊椎麻酔とせん妄:無作為化比較試験

・せん妄は、術後の最もよく見られる神経学的合併症であり、その発生率は様々である。腹腔鏡手術は、トレンデレンブルグ体位を伴う場合、無数の生理的変化を引き起こし、神経認知的変化のリスクを高める。全身麻酔に脊椎ブロックを併用することで、麻酔維持に使用する麻酔薬を低用量にすることができ、術後疼痛のコントロールが容易になる。本研究では、腫瘍患者の…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/05/25

【問題1】(心臓・血管) 超音波診断装置について正しいのはどれか。 ア:電子コンベックス走査方式は、腹部検査に最も適している。 イ:複数の波の相互作用による影響を波の干渉と呼ぶ。 ウ:電子リニア走査方式は、体表臓器や血管検査に用いられている。 エ:音響陰影とは、超音波が音響インピーダンスの大きい物にほとんど反射されるため…
コメント:0

続きを読むread more