腹腔鏡下子宮全摘術を受ける患者の術後の回復の質に及ぼす静脈内全身麻酔と吸入麻酔の効果:無作為化比較試験

・研究の目的は、腹腔鏡下子宮全摘術を受ける患者において、プロポフォールを用いた静脈内全身麻酔(TIVA)またはセボフルランを用いた吸入麻酔が術後の回復の質に及ぼす影響を検討することであった。 ・手術室と術後回復室、病棟での前向き無作為化比較試験で、待機的腹腔鏡下子宮全摘術を予定していた 102 名の女性患者を、プロポフォール群(P…
コメント:0

続きを読むread more