腹腔鏡下胆嚢摘出術におけるマルチモーダル鎮痛下でのフェンタニル消費量に及ぼすSurgical Pleth Inde…

・Surgical Pleth Index(SPI)は、侵害受容/反侵害受容のバランスを反映し、術中の鎮痛剤使用の目安となる客観的なツールである。これまでの多くの研究では、マルチモーダル鎮痛は軽視されてきた。本研究の目的は、腹腔鏡下胆嚢摘出術で、マルチモーダル鎮痛法下での SPI ガイド下鎮痛法と従来の鎮痛法とでフェンタニル消費量を比較…
コメント:0

続きを読むread more