テント上腫瘍手術における異なる利尿剤レジメンの脳弛緩効果:視神経鞘径を指標とした比較検討

・高浸透圧療法は開頭手術時の脳弛緩にアプローチする方法として確立されている。マンニトールは様々な用量で使用されているが、ループ利尿薬との併用は相乗効果を発揮し、投与量の削減と合併症の軽減につながる。視神経鞘径(ONSD)を超音波で測定することで、頭蓋内圧(ICP)の信頼性の高い情報が得られ、高浸透圧療法の過剰投与や合併症を回避できる可能…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/06/11

【問題1】(麻酔管理) 高血圧患者で正しいのはどれか. ア:術中高血圧を起こしやすい. イ:術中低血圧を起こしやすい. ウ:脳血流の自己調節能が右方移動している. エ:手術当日まで降圧薬を服用させる. オ:−−−−     ▼     ▼     ▼ [解説] (ア):(正)動脈硬化により,…
コメント:0

続きを読むread more