高齢者の腰椎後方固定術における術後合併症および入院期間を予防的ノルエピネフリン注入が減少させる

・本試験は、腰椎後方固定術を受ける高齢者(年齢 60〜85 歳)を対象に、予防的にノルエピネフリンを注入することで、合併症の発生率と入院期間に及ぼす影響を検討した単施設の前向き無作為化比較試験である。 ・合計 129 名の高齢患者を、全身麻酔時にノルエピネフリンを投与する群と、ノルエピネフリンを投与しない対照群の 2 群に無作為に…
コメント:0

続きを読むread more