空腹の肥満患者における胃超音波による胃残留量の評価: 比較研究

・胃超音波は、胃の内容物と容積を術前に評価するための新しいツールである。本研究の目的は、待機手術を予定している正常体重と肥満の患者の胃残留容積を評価することであった。 ・本前向き観察研究は、100 名の患者を 50 名ずつの 2 群に分けて実施した。肥満群には、BMI が 30〜40 で ASAーPS II の患者と、BMI が …
コメント:0

続きを読むread more