急性期手術患者における術中の末梢灌流指標と術後の罹患率および死亡率との関連性:後ろ向き観察に基づく多施設コホート研究

・著者らは、急性期のハイリスク手術患者において、術中の末梢灌流指標(PPI)が低いと、術後合併症や死亡率のリスクが高いことを示すという仮説を立てた。 ・本後ろ向き観察研究では、デンマークの大学病院 2 施設において、2017 年 11 月から 2018 年 10 月までの急性期ハイリスク手術患者 1338 例を対象とした。術中 P…
コメント:0

続きを読むread more