脳波ガイド下での麻酔管理が 1年後の死亡率に及ぼす影響:無作為化臨床試験の 1年後の追跡調査

・術中の脳波抑制時間は、術後せん妄や死亡率と関連している。EEG 抑制を回避するための麻酔調節を検証した臨床試験では、介入によって術後せん妄の発生率は低下しなかったが、30 日後の死亡率の低下と関連していた。本研究では、脳波導入による麻酔介入が引き続き 1 年後の死亡率低下と関連しているかどうかを評価した。 ・本論文では、単施設で…
コメント:0

続きを読むread more