開腹胆嚢摘出術に際して創部浸潤投与したクロニジンと比較したクロニジン静脈内投与の術後鎮痛効果

・本無作為化二重盲式試験は、静脈内投与または創部浸潤で投与されたクロニジンの術後鎮痛効果をブピバカインと比較するために考案された。

・開腹胆嚢摘出術を受ける ASA I/II の 60 人の成人を無作為に 3 群に分けた。第 1 群(対照群)の患者は、手術の最後に 0.25% ブピバカイン 30ml を創部に浸潤した。第 2 群の患者には、胆嚢切除に加えて 0.25% ブピバカイン 30ml の創部浸潤の後、クロニジン 3μg/kg を静脈内投与した。第 3 群の患者は、クロニジン 3μg/kg と 0.25% ブピバカイン 30ml の創部浸潤を受けた。標準的な全身麻酔法を用いた。術後鎮痛は必要に応じてジクロフェナクとモルヒネを静脈内投与した。術後疼痛、レスキュー鎮痛剤を必要とした患者数、術後 24 時間のとモルヒネ総消費量を記録した。

・いずれの経路でも、クロニジンを投与した患者では、対照群と比較して、術後モルヒネ消費量が有意に少なかった(P<0.0001)。対照群の全患者はモルヒネの追加投与を必要とし、クロニジン静脈内群で 9 人、創部浸潤群で の患者で 11 人であり有意差があった(P<0.002)。疼痛スコアは、対照群と比較して、両クロニジン群の方が、安静時 12 時間、咳嗽時 6 時間にわたって低かった(P<0.01)。クロニジンの静脈内投与を受けた患者の方が、他群に比較してより低血圧(P<0.01)と鎮静(P<0.001)の症状が多かった。

・クロニジン 3μg/kg は、静脈内投与、またはブピバカインとともに創部浸潤した場合、効果的な術後鎮痛を提供し、モルヒネ必要量を減少させた。しかし、合併症の発生率は創部浸潤の方が少なかった。

[!]:クロニジンの創部浸潤が合併症が少なくて良さそうだと。

【出典】
Postoperative analgesic effect of intravenous (i.v.) clonidine compared with clonidine administration in wound infiltration for open cholecystectomy
Br J Anaesth. 2013 Oct;111(4):656-61. doi: 10.1093/bja/aet130. Epub 2013 May 22.

"開腹胆嚢摘出術に際して創部浸潤投与したクロニジンと比較したクロニジン静脈内投与の術後鎮痛効果" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント