テーマ:アイデア

脊椎麻酔計算機の JavaScript 版

 かなり以前に、「脊髄くも膜下麻酔の投与量の決め方:脊椎麻酔の処方計画」という記事を書いた。そして、そのアルゴリズムで必要薬液量を簡単に計算できる「脊椎麻酔処方計画 計算機」を TTSneo という日本語プログラミング言語を使用して作成し紹介したが、今回は、タブレットPC でも使用できるように、Java Script を使用して同様のも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Airway Score 計算機の JavaScript 版

 少し前に、プロデルという日本語プログラミング言語で作った「Airway Score 計算機」を紹介したが、タブレットPC でも使用できるように、Java Script を使用して、ブラウザ上で同様のものを作成した。 Java Script 版 Airway Score 計算機 <==このリンクをクリック!  非常に簡単な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Airway Score 計算機

 少し前に、当ブログ記事で紹介した日本語プログラミング言語「プロデル」を使用して、先日紹介した 2012 年の Korean Joural of Anaesthesiology に報告されている気道確保困難を予測できるスコアリング・システム=Airway Score(AS)を基にして、気道評価のためのプログラムを作成した。 簡単に…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

麻酔ワゴンの製作 その4

 麻酔ワゴンの製作は、手術ワゴンの製作とペアで行った。キッチン・ワゴンは、一般に 1 段はスライド式になっているが、もう 1 段は固定式で引き出すことができない。  麻酔ワゴンとして使用する場合は、2 段とも引き出せた方が便利で都合が良く、一方、手術ワゴンとして使用する方は、レターケースとワイドチェスト組み込み、棚自体が引き出せる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔ワゴンの製作 その3

 ワゴンの正面にあるメッシュのワイヤーは、ワゴンに予め付属しているものであるが、ワゴンの側面にも 100 均で購入した 45×60 cm 大のメッシュ・ワイヤーを結紮バンドで取り付けた。将来的にもいろいろなものを取り付けることができるようにとの配慮である。  とりあえず、麻酔関連の物品として、これまでは麻酔器にだらしなく引っかけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔周辺の便利グッズのアイデア その3 ~ステプティ入れ~

 「ステプティ」というのは、ある止血パッドの商品名である。私は「井の中の蛙」なので、ステプティがどの程度世の中で普遍的に使用されているのかは知らないが、当院では、末梢静脈穿刺を失敗したときや、静脈ライン・動脈ラインを抜去した際に、穿刺部位を圧迫止血するために使用しているパッド付きテープである。  下図のステプティは静脈用のものであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔周辺の便利グッズのアイデア その2 ~テープ置き場~

 手術や麻酔に際しては、テープ類が活躍する。手術前の麻酔に際しては、末梢ラインや動脈ラインの固定、気管チューブやラリンジアル・マスクの固定、硬膜外カテーテルの固定、そして手術直前には、術野消毒前の不潔シーツの固定、そして術後には、創部ドレッシングためのガーゼ固定やドレーン・チューブの固定など。  どの固定も、それぞれ幅や粘着性、透…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔周辺の便利グッズのアイデア その1 ~駆血帯収納具~

 麻酔をするには、まずはライン確保が必要だ。そして、いきなり CV ライン確保をするのは、よほどの場合で、通常は、末梢ラインを確保する。その末梢ライン確保に必須なのが駆血帯だ。  末梢ラインの確保が難しい症例では、右上肢と左上肢の両方から、複数のスタッフがアプローチすることもよくあることなので、手術室の各部屋には少なくとも 2本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔ワゴンの製作 その2

 おもわずアクセス数が多かったので続編です。 【麻酔ワゴンの正面のワイヤーメッシュ】  麻酔ワゴンの正面のワイヤーメッシュ(金属製の格子)に取り付けた、各種の小物を収納するための小物入れは、市販品には適当な物がなかったので、手術室で毎日のように大量に廃棄されている洗浄用生理食塩水のボトルを再利用して作成した。 【 生理食塩水の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔ワゴンの製作

 当院では、従来(20年以上前)から、麻酔に関連したグッズを収納するための、いわゆる「麻酔カート」がなかった。唯一麻酔カートと呼べるのは、小児用の麻酔物品をまとめて収納した「小児用麻酔カート」ぐらいであった。  手術室の各部屋には、喉頭鏡や各種サイズのチューブ、エアウェイ、バイトブロックなどの気道確保用の物品を収納した金属製の 3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスクを選択する斬新な方法:マスクが「手幅」を超えるサイズ

 以前に、『気管チューブ・サイズを推定する新規で簡単な方法=「手幅÷10」 』 という記事を書いた。  今回は、同じ「手幅」をパラメータにして、適切なサイズのラリンジアルマスクを選択する方法である。簡単にいうと、  選択ラリンジアルマスクのマスクの長径 ≧ 手幅 となるラリンジアルマスクを選択するのである。  ラリン…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

SRHAD 式リカバリ・スコア 実践編

 麻酔から覚醒して帰室指示を出すまでに確認する事項は、施設や担当麻酔科医によっていろいろかもしれない。SRHAD 式リカバリ・スコアを紹介したので、いつもやっている実際の確認法を紹介しておきます。  抜管後、バイタル/サインが落ち着いていたら、以下の項目を確認する。 1.「呼名開眼」の確認 「○○さん、パチッと目を開け…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

SRHAD 式リカバリ・スコア

 一般に麻酔終了時には、Aldrete スコアリングシステムなどを使用して、リカバリスコア点数≧8 で帰室許可を出しているであろう。10年以上前は、同様のスコアを使用していたのだが、ある時から、麻酔終了時にチェックすべき項目と、リカバリスコアを合体させて、一連の必要なチェックを行うと、必然的に簡単に点数計算ができるようにという意図で、当…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

当ブログの文献データベースとしての活用

 当ブログを開設するまでは、自分が目を通した英文抄録の日本語訳は、朝のカンファレンス用の PDF 形式のファイル(2-3個の記事をまとめたもの)と、「抄録集.txt」というファイル名のテキストファイルに保存していた。しかし、文献数が多くなってくると、なかなか検索することが困難になってきていた。とくに、複数のキーワードを設定して、絞り込む…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

レミフェンタニルでアタフタしない裏技!!

 レミフェンタニルは、すごく切れの良いカミソリのような薬だと感じている。メーカーはたくさん使って欲しいから、何でもかんでもレミフェンタニルでやって欲しいのだろうが、麻酔の導入には、ちょっとキレが良すぎて使いにくい。フェンタニルの方がゆっくり効いてきて対処がしやすい。  ちょうど、脊椎麻酔と硬膜外麻酔の関係に似ている。  レミ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

シリンジを使った簡易カフ圧調節について

 今回の第59回 日本麻酔科学会に出席するまで、ほとんど抄録集に目を通さずにいたので、「シリンジを使った簡易カフ圧調節」について、相澤病院 手術センター麻酔科の槇 誠俊, 松本 さゆき, 平沼 多加志, 丹下 大祐, 山本 基佳, 小笠原 隆行先生方が、 ポスターセッションで、「[P1-45-3] LMAにおける10mlシリンジを用いた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブ・カフの圧調整に使用するシリンジ(トップの場合)

 以前の記事「知らなきゃ損!! 超簡単、 気管チューブの最適カフ圧設定法」で、気管チューブのカフ圧を簡易に最適圧に設定する方法を紹介した。その際、「テルモ社」製のシリンジでの報告であった。  その後、記事「気管チューブ・カフの圧を逃がすのに使用するシリンジを選ぶ際にはメーカーとサイズが問題」を紹介した。  今回は、近隣の病院…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

知らなきゃ損!(Part 3) 最適カフ圧を設定するために

 これまでは触れなかったが、シリンジ(外筒)とプランジ(内筒)との相互関係には、2つの圧が関係している。一つは、既に動きが停止しているプランジを動かす時に必要な圧であり、もう一つは、既に動いているプランジが停止する時の圧である。この2つの圧はかなり異なっている。前者は slip pressure(滑走圧) と呼ばれ、後者は stick …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

知らなきゃ損!(Part 2)超簡単、 ラリンジアルマスクの最適カフ圧設定法(おいおい)

 気管チューブのカフをやや多めにインフレートして、「プランジが押し返されるのをしばらく待つ」と、カフ内圧と、プランジとシリンジの摩擦抵抗とが釣り合うところでプランジが止まることは前回の記事で述べた。  実は、この圧は、シリンジのサイズによって大きく異なる。頭の中だけで考えると、大きなシリンジほど高い圧でバランスが取れそうなのだが、…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

知らなきゃ損!! 超簡単、 気管チューブの最適カフ圧設定法

 昨年、本ブログ開設して間もなく、ちょうど去年の今頃、長年を費やして考案・検証した輸液ラインの簡単なエア抜き法「クランプ・ミルキング法」を紹介した。今回は、それに匹敵するアイデア、簡便な気管チューブの最適なカフ圧設定法、「10mL シリンジ法」を紹介する。  現在、当院麻酔科に資格取得直後の救急救命士 2 名が、現場出動前の病院実…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

パワーポイントで使える質の高いテンプレート集

 マイクロソフトのパワー・ポイントには、十分にたくさんのテンプレートが付属していますが、自分のセンスに合ったものとなるとそんなに多くないのではないでしょうか。  またネットにアクセスすると無料で手に入るものも多くあるのですが、ビジネス志向のものが多いようです。それに比べると、MS オフィス互換ソフトとして最近シェアを伸ばしている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クッキーで作ったお菓子の家

 家内の妹から我が家にもらった「クッキーで作ったお菓子の家」です。ご主人が牧師なので、毎年作る機会があるようです。素人とは思えないなかなかの出来栄えです。  見ているだけで、心が和みます。なかなか食べようという気にはならないのが欠点ですね。  家内と娘もまねて8個作ったので、一つは病院の手術室看護部に持って行きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーディングは簡単であり、リスニングは難しい!

 私が英語の再勉強を始めたころ、「リーディングは簡単であり、リスニングは難しい!」などとは思っていなかった。リーディングもリスニングも練習すれば、それなりに少しずつでも習得できるものだと漠然と考えていた。  しかし、「まずはリーディングから!」と思って勉強を始めて、少し以前よりはスラスラ読めるようになって、リスニングを鍛えようと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラムのバージョンアップ(Ver.0.60)

 「麻酔と英語のお勉強」プログラムをバージョンアップししました。  追加した機能は以下です。 【1】 従来の「英辞郎」タブを「辞書/翻訳」タブとし、辞書サイトとしては、「アルクの英辞郎(ALC)」、「ライフサイエンス辞書(LSD)」、「Weblio辞書」、「goo辞書」へのアクセスボタンを追加しました。翻訳サイトとしては、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術前の麻酔説明のためのパンフレット「麻酔を受けられる方へ」(アボット・ジャパン提供)

 私の勤めている病院では、術前診察時に麻酔法を説明するときに、パターン化した麻酔法12種類ごとに、麻酔の手順に沿って文字とイラストで説明されたA4サイズの「麻酔説明書」を使用して説明を行っている。  12種類の麻酔法は、気道確保の種類(マスク、ラリマ、気管挿管)、動脈ラインの有無、CVラインの有無、硬膜外麻酔の有無や、脊椎麻酔、伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラム(Ver. 0.5*) のヘルプファイル暫定版(PDF形式)

「麻酔と英語のお勉強」プログラム(Ver. 0.5*)に関連した記事を再編集して、ヘルプファイルをPDF形式で作成していたのをアップロードするのを忘れていました! 「麻酔と英語のお勉強」プログラム(Ver. 0.5*) のヘルプファイル暫定版(PDF形式) ダウンロードする場合は、右クリックメニューから「対象をファイルに保存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

複数の印刷ジョブを一つにまとめる方法

 インターネット上のいろいろなサイトを閲覧していると、その内容を印刷したり、保存しておきたいページに出くわすことがある。とくに雑誌の過去の特集記事などは、オンラインでアクセスできるようにしてあることも多く、閲覧するだけでなく、印刷してじっくり目を通したいことがある。  ところが、インターネット上のファイルは、しばしばハイパーテキス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文書ファイルを「小冊子形式」で印刷する方法

 「小冊子形式」というのは、たとえばA4の用紙を横置きにした状態で、1頁がA5サイズで左右に配置されて、真ん中で綴じることによって、ページを繰った時に、本のようにページをめくることができる体裁のもの言う。  参照:小冊子について  私は、個人的には、この形式の印刷がとても気に入っており、「日本臨床麻酔学会誌」でダウンロードで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラムのバグ修正(Ver, 0.52)

その後、発覚したバグをいくつか潰しましたので、Ver. 0.52 として再度アップします。 【ダウンロード】 プログラムのダウンロード(Ver. 0.52) <問題のあった点> ・翻訳をさせるとすぐに割り当て上限に達してしまってたくさんの翻訳ができない。 ・続けて文献をダウンロードすると、前の記事の後ろに続いてしまう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラムのバグ修正(Ver, 0.51)

「麻酔と英語のお勉強」プログラムの大幅バージョンアップ!!で紹介した Ver. 0.50 で不具合のあった箇所が修正できましたので、Ver. 0.51 として再度アップします。 【ダウンロード】 プログラムのダウンロード(Ver. 0.51) Ver. 0.50 は、ライフサエイエンス辞書プロジェクトのサーバーや、Micr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more