テーマ:呼気終末二酸化炭素

動脈瘤コイリング時の血圧と呼気終末二酸化炭素範囲と脳動脈瘤性くも膜下出血後の神経予後

・動脈瘤性くも膜下出血患者の動脈瘤コイリング時の低炭酸ガス血症、低血圧、高血圧は予後不良につながる可能性があるが、呼気終末二酸化炭素(ETCO2)と平均動脈圧(MAP)目標値のエビデンスは不足している。標準化治療の範囲内で、著者らは、動脈瘤コイリングに際しての全身麻酔時の低炭酸ガス(PaCO2<35mmHg)、低血圧(MAP<80mmH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔中急性過敏反応のリアルタイムの重症度マーカーとしての低呼気終末二酸化炭素濃度

・麻酔中の急性過敏反応(AHR)の迅速な診断は、通常の臨床徴候を検出することができないか、困難である可能性があるため、また別の診断の発症頻度が高いため困難である。診断が間違っていたり遅れたのために、AHR中のエピネフリン投与が遅れると予後不良と関連する可能性がある。低呼気終末 CO2(etCO2)は低心拍出量と関連していることが知られて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more