テーマ:睡眠時無呼吸症候群

仰臥位睡眠時の閉塞性睡眠時無呼吸症候群の重症度に及ぼす頭部の屈曲と回転の影響

・頭部の姿勢は麻酔時の受動的上気道の虚脱性に影響を与える。しかし、睡眠中の頭部姿勢の影響についてはほとんど知られていない。本研究の目的は、仰臥位睡眠時の頭部姿勢を測定する装置を開発・検証し、この装置を用いて閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)の重症度に及ぼす頭部の姿勢の影響を調査することであった。 ・仰臥位睡眠時の頭部の屈曲と回転を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節置換術を受ける患者におけるクモ膜下モルヒネと睡眠時無呼吸の重症度:無作為化比較対照三重盲式試験

・クモ膜下モルヒネは手術後の鎮痛を延長するが、術後呼吸抑制や無呼吸エピソードに関与している。ただし、これは呼吸ポリグラフを使用した前向き試験では調査されていない。本無作為化対照三重盲式試験では、クモ膜下モルヒネが睡眠時無呼吸の重症度を高めるという仮説を検証した。 ・脊椎麻酔下で股関節形成術を受けた 60 人の被験者に、0.5% 等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児閉塞性睡眠時無呼吸スクリーニングのアンケートと術後転帰:前向き観察研究

・小児の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)および睡眠呼吸障害(SDB)は、成人よりも複雑で多因子性の疾患である傾向がある。STOP-BANG アンケートなどの成人用スクリーニングツールはあるが、それらの適用は小児科では制限されている。依然に記載した 6 点アンケートを使用して、小児の OSA を特定し、術後の呼吸イベントを予測するためのその使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more