テーマ:ADHD

幼児期の手術と麻酔への暴露およびその後の注意欠陥多動性障害用薬物の使用

・いくつかの最近の臨床研究では、幼少期の麻酔への暴露が行動障害のリスク増加と注意欠陥/多動性障害(ADHD)の臨床診断に関連していることがわかっている。保険金請求データの診断は不正確な場合があるが、薬局の保険金請求は薬物使用を反映して非常に正確である。本研究では、手術と麻酔への暴露とその後の ADHD 薬の使用との関連を調べている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more