テーマ:ARB

テルミサルタンを休薬したにもかかわらず全身麻酔中の難治性低血圧

・アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)は、高血圧治療によく使用される。ただし、アンギオテンシン変換酵素阻害剤と同様に、ARB は全身麻酔中に難治性低血圧を引き起こすこともある。したがって、麻酔導入前 24 時間は ARB を控えることが推奨されている。 ・これは、24 時間テルミサルタンを控えてたにもかかわらず、全身麻酔導入後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的非心臓手術で術中ACE阻害薬・ARBと急性腎障害の関連性:多施設前向きコホート研究

・アンギオテンシン変換酵素阻害剤やアンジオテンシン- 2 拮抗薬の手術時の使用は、術後急性腎障害のリスク増加と関連していると考えられている。このリスクを軽減するために、これらの薬剤は、周術期には投与を控えている。本研究は、アンギオテンシン変換酵素阻害薬やアンジオテンシン-2 拮抗薬を休薬することが、非心臓手術後の急性腎障害の危険性を周術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンジオテンシン変換酵素阻害剤およびアンギオテンシン受容体拮抗薬の周術期使用

・研究目的は ACEI/ARB を用いた周術期治療の臨床的影響 ・周術期の 29 件の研究、11 件の症例/症例シリーズ、12 件の観察研究、6 件の無作為化研究について PRISMA 声明に基づいて系統的レビューを実施した。動脈血圧の差、不応性低血圧、その他の合併症についてデータを収集した。 ・研究は、測定された項目につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more