テーマ:術後悪心嘔吐

全関節置換術における術後悪心嘔吐に及ぼすデキサメタゾン静脈内投与の使用に関する後ろ向き分析

・周術期マルチモーダル疼痛管理プロトコルは、整形外科手術における待機的全関節置換術の成功に貢献している。関節形成術に際しての全身麻酔または脊柱管麻酔は、掻痒症、悪心嘔吐などの合併症を伴う。デキサメタゾンは安全な周術期制吐薬であることが証明されている。本研究では、術後悪心嘔吐を予防するために周術期に使用した低用量静脈内投与デキサメタゾンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more