テーマ:腸蠕動

腹腔鏡下胆嚢摘出術におけるスガマデクス vsピリドスチグミン/グリコピロレートによる筋弛緩の拮抗:術後の消化管運動…

・アセチルコリンエステラーゼ阻害剤(例、臭化ピリドスチグミン)は、全身麻酔(GA)で手術を受ける患者の筋弛緩(NMB)の拮抗に使用される。抗コリン薬(例えば、グリコピロレート)の併用は、コリン作動性副作用を減少させるが、腸蠕動を妨げる可能性がある。スガマデクスにはコリン作用はない。その使用は、ピリドスチグミン/グリコピロレートと比較して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more