テーマ:ノルエピネフリン

帝王切開のための脊椎麻酔中の低血圧の治療のためのノルエピネフリンの静脈内ボーラスの ED50と ED95の決定

・ノルエピネフリンは、フェニレフリンと比較してより良い母体心拍数と心拍出量を維持するため、帝王切開分娩の脊椎麻酔中の血圧安定化の潜在的な代替手段と考えられている。ただし、低血圧治療のボーラス投与としての使用は、ほとんど未調査のままである。そこで、本研究では、帝王切開中の母体の低血圧のボーラスとしてのノルエピネフリンの ED50 と ED…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

末梢静脈ラインを介した周術期ノルエピネフリン注入後の主要合併症のリスクについての多施設研究

・周術期低血圧を治療するためのノルエピネフリンの持続注入は、通常、薬物血管外漏出時の局所組織壊死のリスクを回避するために、末梢静脈カテーテルではなく中心静脈ラインを通して投与される。末梢からのノルエピネフリンが待機的手術症例の麻酔関連低血圧に対処するために使用される場合、皮膚壊死のリスクを推定するための文献は限られている。本研究の目的は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開分娩中の脊椎麻酔後低血圧予防のためのノルエピネフリンとフェニレフリンの注入

・脊椎麻酔下の帝王切開分娩時には予防的な昇圧剤は基本的である。本研究の目的は、帝王切開時の注入速度を変えて使用した場合のフェニレフリンとノルエピネフリンの有効性と安全性を比較することである。 ・脊椎麻酔下に待機的帝王切開分娩を予定された妊婦を対象として、無作為化二重盲式対照試験を実施した。参加者は、ノルエピネフリン群(n=60)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下帝王切開分娩時低血圧となった子癇前症妊婦でノルエピネフリン、フェニレフリン、エフェドリン

・本研究は、脊椎麻酔下帝王切開分娩中に低血圧を示した子癇前症妊婦で、ノルエピネフリン、フェニレフリン、エフェドリンのボーラス投与の有効性と安全性を比較することを目的とした。 ・帝王切開に際しての脊椎麻酔時に術前収縮期血圧(SBP)の 80% 未満となった 166 人の子癇前症妊婦を 3 治療群に分けた。ボーラスノルエピネフリン 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開で脊椎麻酔誘発性低血圧の予防と治療のためのフェニレフリンとノルエピネフリンの間欠的静脈内投与

・フェニレフリン(PE)は現在、帝王切開(CD)で脊椎麻酔誘発性低血圧を予防と治療のために選択されている昇圧薬である。しかし、その使用はしばしば反射性徐脈と関連付けられている。ノルエピネフリン(NE)は、心拍数(HR)を維持しながら低血圧を治療するその能力のために CD 中の代替昇圧剤として提案されている。最近の研究は、PE と比較して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の待機的帝王切開分娩時の母体低血圧管理におけるノルエピネフリンの有効性と安全性

・帝王切開分娩のための脊椎麻酔中に母体低血圧はよく起こり、全身血管抵抗の減少が重要な一因として認識されている。したがって、動脈血管を収縮させる血管収縮薬を用いてこの効果を打ち消すことが適切であり、純粋なα-アドレナリン受容体作動薬であるフェニレフリンが治療のための現在のゴールドスタンダードである。しかし、フェニレフリンは用量依存性の反射…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の帝王切開分娩中の母体低血圧に対するノルエピネフリン vs フェニレフリンの有効性と安全性

・フェニレフリンは脊椎麻酔下帝王切開分娩を受ける女性の母体低血圧の治療に使用される現在の「ゴールドスタンダード」の昇圧薬である。2015 年以来、様々な研究が母体低血圧を管理するためのノルエピネフリンの使用を検討してきた。著者らは、母体低血圧の予防と治療のためのノルエピネフリンとフェニレフリンの有効性と安全性を比較するための無作為化比較…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開時の脊椎麻酔後低血圧の治療に用いたフェニレフリンとノルエピネフリンのボーラス投与力価

<ハイライト> ・フェニレフリンの ED95 は 43.1μg(95%CI:39.5~65.0μg)であった ・ノルエピネフリンの ED95 は 3.7μg(95%CI:3.5~4.7μg)であった ・昇圧剤の力価比は 11.3(95%CI:8.1~16.9)であった ・フェニレフリン 100μg は、ノルエピネフリン 8.8μ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ノルエピネフリンとバソプレッシンの同時注入中の敗血症性ショック患者における昇圧薬の中止戦略の評価

・ノルエピネフリン(NE)とバソプレシン(VP)を併用した敗血症性ショック患者では、昇圧薬の中止方法について臨床医をガイドするデータはほとんどない。研究の目的は、敗血症性ショック患者で最初に NE を中止(NE DC) vs 最初に VP を中止(VP DC)してから 24 時間以内の低血圧の発生率を調査することであった。 ・この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショック回復期におけるノルエピネフリンよりも先のバソプレッシン中止

・敗血症性ショックの回復期における昇圧薬の中止に関するガイダンスは限られている。ノルエピネフリンはより容易に調節できる。しかし、敗血症性ショックはバソプレシン不足状態であり、外因性バソプレシンはこれを解消しようとする。ノルエピネフリンよりも先にバソプレッシンを中止すると、臨床的に有意な低血圧を引き起こす可能性がある。 ・本後ろ向き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショックの回復期の患者で血管作動薬中断順序に基づく低血圧リスク

・敗血症性ショックを有する患者は、しばしば循環動態補助のために血管作動薬を必要とする。しかし、一旦患者が回復期に達してから、これらの薬剤を中止するための最適なアプローチは現在知られていない。この評価の目的は、敗血症性ショック回復期の患者で、ノルエピネフリン(NE)とバソプレッシン(AVP)の中止順序に基づいて、24 時間以内の低血圧の発…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

敗血症ショック管理での昇圧剤中止順序による低血圧の発生率:前向き無作為化試験(DOVSS)

・バソプレッシン(AVP)は、敗血症患者のショックを回復させるためにノルエピネフリン(NE)によく追加される。しかし、敗血症性ショックから回復中の、NE と AVP を同時投与されている患者で、昇圧剤漸減の適切な戦略を支持するデータはない。そこで、本研究の目的は、敗血症性ショックから回復中の NE と AVP 当時投与患者で、昇圧剤を徐…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開脊椎麻酔中のノルエピネフリンとエフェドリンの動脈血圧維持:二重盲式試験

・エフェドリンは、α-およびβ-アドレナリン作動性受容体に対する刺激作用のために、帝王切開に際しての脊椎麻酔時に、母体血圧を維持するための第一選択薬として従来考えられていた。ノルエピネフリンは、弱いβ-アドレナリンと強力なα-アドレナリン受容体作動薬である。したがって、エフェドリンと比較して、より少ない変時作用で血圧を維持するのに適して…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開脊椎麻酔下での低血圧治療のためのノルエピネフリンとフェニレフリンの無作為割り当て漸増用量反応

・ノルエピネフリンは、帝王切開分娩に際しての脊椎麻酔中、血圧を維持するためのフェニレフリンの代替薬としての可能性がが研究されており、妊婦の心拍数と心拍出量の低下が少ないという利点を有している。しかしながら、これらの 2 種類の昇圧剤の相対的力価は、この状況においては完全には決定されていない。 ・無作為割付け用量反応試験で、待機的帝…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔性低血圧の治療時、ノルエピネフリンはフェニレフリンより動脈コンプライアンスを低下させない

・全身麻酔中、低血圧は頻繁に見られ、周術期合併症に重要な役割を果たしている可能性がある。著者らは、維持麻酔中の低血圧を治療するために投与した 50μg ボーラスのフェニレフリン(PE)と比較して、ノルエピネフリン(NA) 5μg のボーラス投与が、MAP、導出心拍出量、動脈硬度パラメータに効果について評価した。 ・全身麻酔下で脳神…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more