テーマ:麻酔覚醒

カフェインは、複数の経路を介して全身麻酔からの回復を促進する

・様々な研究が、麻酔からの覚醒を促進する様々な方法を探究してきた。これまで、著者らは、細胞内 cAMP を上昇させる 3 種類の薬物(フォルスコリン、テオフィリン、カフェイン)がラットの麻酔からの覚醒を速めることを示した。しかし、著者らの初期の研究では、2 つの主な質問に答えることができなかった。第 1 に、cAMP上昇薬は全ての麻酔薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェインは、ヒトのイソフルラン麻酔からの覚醒を早める:無作為化二重盲式クロスオーバー試験

・現在全身麻酔を拮抗する臨床的に利用可能な薬物はない。著者らは以前、カフェインがげっ歯類の麻酔からの覚醒を早めるできることを報告した。本研究は、カフェインがヒトの麻酔からの覚醒を早めるという仮説を検証するために実施された。 ・著者らは 8人の健康な男性を対象とした、単施設無作為化二重盲式クロスオーバー試験を実施した。各被験者を 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児でのセボフルラン麻酔覚醒時の臨床的徴候と脳波型:観察研究

・幼小児の麻酔から覚醒する間の臨床行動徴候、脳波(EEG)型および年齢との関係を系統的に明らかにした研究はほとんどない。研究の目的は、年齢 0~3 歳の小児でセボフルランから覚醒する間の臨床行動徴候の回復を予測する際に、亜酸素化窒素を併用した場合としなかった場合とで、呼気終末セボフルラン(ETsevoflurane)濃度、年齢および前頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:全身麻酔からの覚醒時の新鮮ガス流量はどう設定するか?

 近年、全身麻酔の主体が吸入麻酔から静脈麻酔に移行してきたせいだろうか、全身麻酔終了時に麻酔から覚醒させる際の手順に混乱が見られるようだ。  静脈麻酔から覚醒させる場合には、単にシリンジ・ポンプをオフにして、プロポフォールとレミフェンタニルの持続投与を中止して、血中濃度が下がってきて覚醒を待つだけだ。通常は、麻酔器の呼吸器設定を操…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more