テーマ:急性呼吸不全

急性低酸素性呼吸不全の成人患者における挿管前の前酸素化:無作為化試験のネットワークメタ分析

・急性低酸素性呼吸不全の患者は、気管挿管中に生命を脅かす合併症のリスクがある。前酸素化は、低酸素血症と挿管関連の合併症のリスクを減らすのに役立つ可能性がある。このネットワークメタ分析は、急性低酸素性呼吸不全の成人患者における前酸素化法の有効性と安全性をまとめたものである。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Libra…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性呼吸不全から回復した患者における呼吸仕事量に及ぼす高流量鼻カニューレの効果

・高流量鼻カニューレは、呼吸不全の管理にますます使用されている。しかし、呼吸努力への影響についてはほとんど知られておらず、これは快適性と有効性の面で利点の一部を説明できる可能性がある。本研究は、成人で呼吸努力の指標(すなわち、食道圧変動、食道圧時間積/分、および呼吸仕事量/分)に高流量鼻カニューレが及ぼす影響を評価するために考案された。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急性呼吸不全患者の分時換気量の経時的割合(TMV%)と転帰との相関

<ハイライト> ・著者らの研究は、急性呼吸不全の早期段階で得られた新たな臨床的パラメータである TMV% が、死亡率と離脱転帰に対する独立した予後因子となる可能性があることを示した。第 1病日から第 2 病日までの TMV% の増加や、減少しないことは、院内死亡のリスクが高いことと関連していた。 <要旨> ・患者の呼吸仕事が減少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下気道疾患からの急性呼吸不全のある小児で、抜管成功を予測する上で抜管準備試験の精度

・人工呼吸の遷延と抜管失敗に関連した合併症と死亡を最小限とするために、抜管準備のできている小児を同定するの望ましい。著者らは、下気道疾患による急性呼吸不全のある小児で、抜管成功を予測する上で、抜管準備試験(Randomized Evaluation of Sedation Titration for Respiratory Failur…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more