テーマ:肺開存戦略

オンポンプ心臓手術後の術後肺合併症に及ぼす肺開存 vs 従来型周術期換気戦略の効果:PROVECS 無作為化臨床試験

・研究の目的は、周術期の肺開存換気戦略が、待機的オンポンプ心臓手術後の術後肺合併症を予防するかどうかを評価することであった。 ・無作為化多施設共同対照試験で、オンポンプ心臓手術予定の患者を、人工心肺(CPB)時に換気せず、低い周術期呼気終末陽圧(PEEP)レベル(2 cm H2O)を使用する従来型換気戦略か、または CPB 中に換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more