テーマ:TAP ブロック

子宮摘出後の術後鎮痛に対する腹横筋膜面ブロックに及ぼすブピバカインへのミダゾラム追加の有効性:無作為化対照試験

・さまざまな区域ブロック法の質を高め、局所麻酔薬の持続時間を延長するために、さまざまな補助剤が利用されてきた。本研究の目的は、腹横筋膜面(TAP)ブロックにおいて、ブピバカインに併用したミダゾラムが、24 時間モルヒネ消費量、術後鎮痛持続時間、有害作用に及ぼす効果を評価することであった。 ・大学病院で実施された前向き無作為化対照二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の超音波ガイド下性腹横筋膜面ブロックと比較したクモ膜下モルヒネの鎮痛効果

・腹横筋膜面ブロックブロックとクモ膜下モルヒネの両方が長時間の術後鎮痛をもたらす可能性があるが、医療資源が限られた状況でのこれらの麻酔法のそれぞれの臨床転帰は十分に明らかではない。 ・著者らは、帝王切開術を受けた患者を、高比重ブピバカイン(10mg)による脊椎麻酔後に超音波ガイド下腹横筋膜面ブロック(10mg)をするか、100mc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結腸直腸手術回復強化パスでのリポゾーマルブピバカイン腹横筋膜面ブロック vs 硬膜外麻酔

・マルチモーダル疼痛管理は、回復強化パスウェイの不可欠な部分である。最も効果的な疼痛管理戦略は決定されていない。本研究の目的は、結腸直腸手術を受ける患者でリポソーマルブピバカイン腹横筋膜面ブロック vs 硬膜外鎮痛とを比較することであった。 ・これは単施設非盲式無作為化(1:1)試験である。この試験では、回復強化パスにおいて待機的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胃切除術における術後鎮痛のための超音波ガイド下性腹横筋膜面ブロック(TAP)有効性

・肥満症手術後疼痛は非常に面倒であり、回復を遅らせる。腹横筋膜面(TAP)ブロックは、術後疼痛を軽減するための新しい局所麻酔法であり、多くの腹部手術の現在の鎮痛療法の重要な部分である。本研究の主要な目的は、腹腔鏡下胃切除術における術後痛管理における TAP ブロックの有効性を評価することであった。本研究で評価された副次評価項目は、術後悪…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more