テーマ:硫酸マグネシウム

術中の硫酸マグネシウムは術後認知機能障害を回避できるのか?

・術後認知機能障害(POCD)の病因について多くの懸念がある。現在、効果的な予防戦略は明らかにされていない。本研究の目的は、術中の硫酸マグネシウムが POCD の発症を予防する効果があるかどうかを調査し、神経変性のマーカーである S100B の血清値に及ぼす影響を調査することであった。 ・これは、待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の術後鎮痛とストレス反応に対するクモ膜下デキスメデトミジン vs 硫酸マグネシウム: 無作為化対照二重盲…

・ブロックの質と術後鎮痛を改善するために、様々な補助薬がクモ膜下麻酔薬に追加されてきた。著者らは、くも膜下デキスメデトミジンと硫酸マグネシウム(MgSO4)が同様の効果を追加するかもしれないと仮定した。著者らの目的は、帝王切開後の術後鎮痛、ストレスホルモン、鎮静特性、新生児転帰に及ぼすクモ膜下ブピバカインの補助薬としての効果を比較するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下袖状胃切除術術中の血行動態パラメータと術後鎮痛に対する静脈内硫酸マグネシウム vs 腹腔内硫酸マグネシウム…

・気腹に対する血行動態的変化と術後疼痛は肥満患者に有害になることがある。静脈内(IV)か、腹腔内(IP)に硫酸マグネシウム(MgSO4)投与が気腹に対する血行動態ストレス反応を軽減し、腹腔鏡下袖状胃切除術術(LSG)後の術後疼痛管理を改善できるかどうかを検討した。 ・LSG を予定した合計 120 人の患者が、対照群(C 群、生食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開を受けた子癇前症患者の硬膜外レボブピバカインに硫酸マグネシウムを添加した場合の鎮痛効果

・マグネシウムは、NMDA 受容体の生理学的拮抗薬であり、カルシウムチャネル遮断薬である。本研究は、軽度の子癇前症で硫酸マグネシウム(MgSO4)を硬膜外麻酔に添加したときの鎮痛効果を試験するために考案された。 ・軽度子癇前症の 60 人の患者を無作為に同数 2 群に割り当てた。プラセボ群には、2 つの別のシリンジを用いて 0.5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開予定の子癇前症患者でロピバカイン硬膜外に併用したクモ膜下硫酸マグネシウム vs ミダゾラム

・硫酸マグネシウムとミダゾラムは、クモ膜下および硬膜外経路を介して局所麻酔薬の補助薬として使用され、ブロックの質を高め、術後鎮痛を延長する。本研究では、待機的帝王切開術を受ける子癇前症患者の脊髄硬膜外法の一部として硬膜外投与の等張ロピバカインに追加したクモ膜下硫酸マグネシウム vs クモ膜下ミダゾラムを比較する。 ・施設倫理委員会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の鎮痛のための静脈内硫酸マグネシウム:系統的レビュー

・研究の目的は、帝王切開患者で鎮痛効果のための静脈内マグネシウムの使用に関するエビデンスを要約することであった。帝王切開後痛には、効果的な鎮痛が必要である。マグネシウムは、N-メチル-D-アスパラギン酸受容体拮抗薬とカルシウムチャンネルブロッカーであり、これまでにその鎮痛特性について研究されている。 ・PubMed、Scopus、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術中の硫酸マグネシウムは、機能的内視鏡手術を受ける患者の興奮と痛みを軽減する:無作為化二重盲式試験

・術後の興奮は、カテーテル抜去、鼻腔パックや酸素マスクの除去、自傷と関連していることから、患者にとって有害で??あり、手術室スタッフに対しても危険性がある。今回の研究では、機能的内視鏡下副鼻腔手術後の興奮の治療における硫酸マグネシウムの潜在的な役割について検討した。 ・エジプトのモノフィア大学病院の耳鼻科手術室での無作為化二重盲式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫酸マグネシウムは、ビデオ補助胸腔鏡手術後の肺機能を改善する:無作為化二重盲式プラセボ対照研究

・肺切除手術後の肺容積の減少は避けられない。硫酸マグネシウム(MgSO4<./sub>)投与は、手術患者における筋弛緩薬と術後鎮痛剤の必要性を低減することが報告されている。本研究の目的は、ビデオ補助胸腔鏡手術(VATS)後の肺機能に及ぼす MgSO4の効果を調査することであった。 ・大学 3 次医療施設での無作為化二重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下で硫酸マグネシウム周術期投与が麻酔薬総投与量に及ぼす影響:系統的レビューとメタ分析

<ハイライト> ・術前に投与された静脈内マグネシウムは、全身麻酔に影響を及ぼすことが示唆されている。 ・マグネシウムの周術期使用は、プロポフォール、オピオイド、筋弛緩剤の必要量を低減する。 <要旨> ・硫酸マグネシウムは、麻酔(N-メチル-d-アスパラギン酸受容体拮抗薬、血管拡張薬、抗不整脈薬、カテコールアミン放出抑制薬、運動器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモ膜下硫酸マグネシウムは、健常な患者の帝王切開分娩に際してのクモ膜下高比重ブピバカインの ED50

・局所麻酔薬へのクモ膜下硫酸マグネシウムの添加は、妊婦において脊椎麻酔を増強し、鎮痛を延長させることが報告されている。本研究は、クモ膜下硫酸マグネシウムが、帝王切開分娩に際してのブピバカインとスフェンタニルによる脊椎麻酔下での用量のための高比重下ブピバカインの用量を減少させるかどうかを調査することであった。 ・帝王切開分娩を予定さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管に対する循環動態反応を減弱させるリドカインと硫酸マグネシウムの効果:単施設前向き二重盲式無作

・気道刺激に対する循環動態反応はよく見られる現象であり、その管理は全身的な影響を軽減するために重要である。本研究の目的は、喉頭展開と気管挿管後のこの反射性血行動態に及ぼす硫酸マグネシウムとリドカイン静脈注射のの有効性を比較することである。 ・この単施設前向き二重盲式無作為化試験では、年齢 18~65 歳、ASA I/II、挿管を伴…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マグネシウム: 麻酔科医にとっての多目的薬物

Magnesium: a versatile drug for anesthesiologists Korean J Anesthesiol. 2013 Jul;65(1):4-8 ・硫酸マグネシウムは、子癇前症患者で発作を防止するために使用されてきた。また、不整脈と喘息の治療に、そして、褐色細胞腫腫手術を受ける患者の麻酔補助…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more