テーマ:エスモロール

腹腔鏡下胆嚢摘出術の術後鎮痛に及ぼす術中リドカイン vs エスモロール注入の効果:無作為化臨床試験

・腹腔鏡下胆嚢摘出術のマルチモーダル鎮痛の一環として、術中リドカインとエスモロールの両方が術後鎮痛を促進する。著者らの目的は、術中オピオイドの使用に挑戦するこれら 2 つの新たな戦略を比較することであった。腹腔鏡下胆嚢摘出術後のオピオイド消費に及ぼす術中エスモロール注入がリドカイン注入よりも劣っていないかどうかを評価することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エスモロール注入は、受胎能温存子宮筋腫核出術中の出血量とオピオイド消費量を減らす

・本研究の目的は、開腹筋腫摘出術中の術中出血に及ぼすエスモロール誘発性低血圧麻酔(EIHA)の効果を評価することである。 ・88 人の女性を無作為に子宮タニケットなしの EIHA を受ける研究群と子宮タニケットで正常血圧麻酔を受ける対照群に分けた。EIHA は、麻酔導入前のエスモロールの負荷用量(0.5mg/kg)と持続注入(0.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喉頭展開と気管挿管に対する昇圧反応を減弱させるためのエスモロール vs リグノカインのボーラス投与

・喉頭鏡検査と気管挿管は心拍数と血圧の上昇をもたらし、生命を脅かす合併症を引き起こしうる。エスモロールは短時間作用型の心臓選択的β遮断薬であり、頻脈と高血圧の周術期管理に利点をもたらす。本研究の目的は、喉頭鏡検査と挿管に対する昇圧反応の減弱において、ボーラス用量のエスモロールとボーラス用量のリグノカインの有効性を比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児の麻酔覚醒時興奮に及ぼすエスモロールとリドカインの効果:二重盲式無作為化臨床共同研究

・セボフルランは、気道刺激を最小限に抑えながら迅速に作用するため、小児の麻酔に広く使用されている。しかし、麻酔から覚醒後の興奮の危険性が高い。特に斜視手術は、患者が術後に目を覆っているために興奮を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、エスモロールとリドカインが小児の覚醒時興奮を減少させるかどうかを調査することであった。 ・斜視手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エスモロールの食道胃接合部への影響:14 名の健康ボランティアでの二重盲式無作為化交叉試験

・受動的逆流は、周術期を通じて起こる可能性があり、誤嚥および術後肺合併症のリスクを増加させる。麻酔中に使用される催眠薬とオピオイド、特にレミフェンタニルは、麻酔中でなければ胃内容物の受動的逆流に対するバリヤーとして作用する食道胃接合部(EGJ)圧を低下させることが示されている。エスモロールは、通常、頻脈と高血圧に対して使用されるが、全身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術における術後悪心嘔吐、麻酔回復室退室時間、鎮痛に及ぼすエスモロールとオピオイドとの効果

・オピオイド代替薬としての周術期エスモロールは、オピオイド節約を介して術後悪心嘔吐を軽減することが示されている。このメタ分析の目的は、非心臓手術での術後悪心嘔吐(PONV)、回復室在室時間、鎮痛についてエスモロールとオピオイドを比較することであった。 ・非心臓手術で全身麻酔時の術後早期回復と疼痛強度に関して、エスモロールとオピオイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後疼痛に対する周術期エスモロールの効果:系統的レビューとメタアナリシス

・エスモロールは、術後疼痛を改善し、オピオイドの必要性を低減することが示されている。この系統レビューの目的は、補助薬としての周術期エスモロールが術後早期の疼痛強度、回復プロフィール、麻酔薬必要量に及ぼす効果を評価することであった。 ・全身麻酔中のエスモロールの影響を評価する無作為化プラセボ対照試験についてデータベースを検索した。主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more