テーマ:癌再発

乳癌手術に際してプロポフォールベースの全静脈麻酔は、デスフルラン麻酔と比較して生存率を改善しなかった

・乳癌は女性で最もよく見られる癌であり、いくつかの周術期因子が腫瘍の再発と転移の原因となる可能性がある。癌手術中に使用される麻酔薬は、癌細胞の生存と患者転帰に重要な役割を果たす可能性がある。経験豊富な同一の外科医が実施した乳癌手術を受けた患者で、麻酔の種類と全生存率との関係を調査するために、後ろ向きコホート研究を実施した。 ・20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区域または全身麻酔後の乳癌の再発:無作為化比較試験

・癌手術時に、周術期の 3 つの要因が、再発に対する宿主の防御を損なう:外科的ストレス反応、揮発性麻酔薬の使用、鎮痛のためのオピオイド。全ての要因は、区域麻酔/鎮痛により改善される。根治可能性のある乳癌の術後再発は、揮発性麻酔薬セボフルランとオピオイド鎮痛による全身麻酔よりも、傍脊椎ブロックと麻酔薬プロポフォールを使用した区域麻酔/鎮痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術直後の持続傍脊椎ブロック有りと無しの場合の乳房切除後癌再発:無作為化三重盲式偽薬対照研究の前向き複

・後ろ向き研究では、乳癌に対する乳房切除術の際の周術期区域麻酔/鎮痛と癌再発率の低下が関連付けられている。しかし、今日まで、無作為化比較試験から得られた前向きデータでは報告されていない。以前の研究で、著者らは、単回注入の傍脊椎ブロックを複数日神経周囲局所麻酔薬注入を用いて拡張すると鎮痛が改善することを見出した。本経過追跡研究は、単回注射…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more