テーマ:脊髄損傷

脊髄損傷患者における下肢骨折の管理

・脊髄損傷(SCI)後の患者における下肢の低エネルギー骨折は、重要な管理課題を提示する。これは、三次紹介 SCI センターからの経験をレビューする最初のオーストラリアの研究であり、傾向を特定し、治療法の選択肢を提案することを目的としている。 ・下肢脆弱性骨折の治療を受けた SCI 患者の 5 年間にわたる後ろ向きレビューである。患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊髄損傷患者の産科管理:ACOG 委員会の意見の要約、808 番

・米国では、毎年約 17,730 件の新しい脊髄損傷(SCI)が発生している。効果的なリハビリテーションと最新の生殖技術により、妊娠を検討しているこれらの患者数が増える可能性がある。産科婦人科医およびそのような患者をケアする他の産科ケア専門家は、妊娠中および産後の期間に発生する可能性のある SCI に関連した問題に精通している必要がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔中の偶発的脊髄損傷:報告

著者らは、帝王切開の脊椎麻酔(SA)後に神経学的障害を発症した患者の臨床的、放射線学的観察を記載している。 21 歳の初産婦は緊急帝王切開のために右側臥位で SA を受けた。注入は、当初 L1-L2 の部位で 25 ゲージ針を脊椎針を用いて行われた。脳脊髄液の自由な逆流がなかったので、2 回目の試みは T12-L 1 椎間で行われ…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

脊髄損傷患者における血流感染の転帰と多剤耐性微生物の影響

・本研究は、脊髄損傷(SCI)患者における血流感染(BSI)の転帰、および重症度と死亡に関する危険因子を明らかにすることを目的とした。 ・フランスの大学病院で、著者らは、入院中の SCI 患者に発生した全ての BSI の後ろ向きコホート研究を実施した。著者らは、彼らの転帰とリスク要因、特に多剤耐性菌(MDRO)の影響を分析した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more