テーマ:スタイレット

「スタイレット」についての MCQ 問題

【問題】 挿管時に使用する金属スタイレットについての記述で、間違っているのはどれか? a.気管挿管時に使用する金属スタイレットは、金属疲労のため使用限度が 30 回程度と耐用期間が設定されている。 b.気管挿管時のスタイレットの使用は、術後咽頭痛の発生率を増加させる。 c.スタイレット抜去時に強い力で引き抜くと術後咽頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直接喉頭鏡による気管挿管に際しての単純スタイレット vs ライト付きスタイレットの比較

・本研究は直接喉頭鏡検査による気管挿管時のライト付きスタイレットの有効性を調べた。 ・本研究では、全身麻酔を受ける 284 人の患者を単純スタイレット(S 群)か、またはライト付きスタイレット(L 群)の群に無作為に割り当てた。両群で、直接喉頭鏡を用いてスタイレット補助挿管を行った。S 群では、単純スタイレットが使用され、気管チュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管におけるスタイレットの使用と術後披裂軟骨脱臼との関連:症例対照研究

・披裂軟骨脱臼(AD)は、気管挿管による全身麻酔後の珍しいが重篤な合併症である。著者らは、挿管スタイレットの使用を含む、AD に関連する危険因子を同定するために、北京連合医学大学病院で症例対照研究を行った。 ・AD をきたした患者は、性別、年齢、手術術式に基づいて対照と 1:3 で一致させた。条件付きロジスティック重回帰を行って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グライドスコープビデオ喉頭鏡による気管挿管のための 2 つのスタイレット角度の臨床的比較

・研究目的は、グライドスコープビデオ喉頭鏡(GVL)と気管チューブ(ETT)とは反対向きに 60 度または 90 度の角度を付けて装填したスタイレットを使用して、62 秒以内に経口気管挿管の成功を比較することであった。 ・大学病院の手術室予定無作為化試験で、経口気管挿管による全身麻酔を必要とする待機的手術を受ける、ASAーPS I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正常気道が予想される患者で McGrath ビデオ喉頭鏡でスタイレットなしで挿管:無作為化非劣性試験

・McGrath ビデオ喉頭鏡(VL)挿管中、先端角度を上方維持するスタイレット入り気管チューブが、いくつかの製造業者によって推奨されている。しかしながら、スタイレット入り気管チューブは、稀ではあるが重症の合併症を誘発することがある。本研究の目的は、正常気道が予想される患者で、McGrath VL を用いた気管挿管に際して、挿管時間と挿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

McGrath ビデオ喉頭鏡を用いたルーチン気管挿管のためのスタイレット角度形成

・McGrath ビデオ喉頭鏡(VL)は優れた喉頭鏡像を提供するが、気管チューブを導くことは困難であり、従ってスタイレットのルーチン使用が推奨される。本研究の目的は、挿管時間(TTI)を比較することにより、McGrath VL を使用する場合のスタイレットの適切な角度(60° vs 90°)を調査することである。 ・待機的手術のた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビデオ喉頭鏡用のマッキントッシュ喉頭鏡ブレードは、正常気道を有する患者でスタイレット使用を減らす

・直接喉頭鏡による気管挿管のほとんどは、スタイレット入り気管チューブでは行われないが、間接喉頭鏡では、スタイレットと共に使用することが推奨される。最近、スタイレット入り気管チューブとビデオ喉頭鏡に関連した合併症のいくつかの報告があった。本研究では、著者らは待機的手術に際して気管挿管を受ける患者で、3 種類のビデオ喉頭鏡:グライドスコープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック LMA を挿入するためのスタイレットの使用

ラリンジアルマスク(LMA)クラシックは、最も広く使用されている声門上気道器具であり、気管挿管の安全で満足できる代替手段である。英国と米国麻酔学会(ASA)の困難気道協会は、LMA を困難気道アルゴリズムに含めている。LMA は、「換気できない、挿管できない(CVCI)」状況で有用である。LMA クラシックの挿入中、最もよくある問題は咽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管時スタイレット使用が麻酔患者の術後咽頭痛に及ぼす影響:無作為化比較試験

<ハイライト> ・術後咽頭痛に及ぼすスタイレットの効果を評価した。 ・40 人の患者を、スタイレット群か、または非スタイレット(対照)群に無作為に割り付けた 。 ・術後咽頭痛の発生率は、スタイレット群の方が対照群より有意に高かった。 ・スタイレット群と対照群では、嗄声の発生率に有意差はなかった。 ・麻酔科医は、術後咽頭痛に対す…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more