テーマ:超音波

小児麻酔における適切な気管チューブサイズの推定のための声門下領域の超音波評価

・小児患者における気管チューブ(ETT)の選択は、主に年齢、身長、あるいは体重に基づいた公式によって行われる。著者らは、ETT の外径を予測するための声門下領域の超音波評価を、修正 Cole の式の外径比較した。本研究の目的は、全身麻酔下で外科的処置を受ける小児で、修正 Cole の式に基づくカフなし ETT 選択の妥当性と、声門下径の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児集団での適切サイズのカフなし気管チューブと超音波検査で決定された声門下径との相関

・従来の年齢に基づく公式では、気管チューブ(ETT)の正しいサイズを予測できないことがよくある。本研究では、適切なチューブサイズを調査する際の超音波の有用性を評価し、適切なチューブサイズを予測できる式を導出した。 ・合計 41 人の年齢 2〜6 歳、ASA--PS 1/2、カフなし ETT で全身麻酔下に待機手術を受ける小児が対象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管の検出のためのカラーフローと標準的な超音波の比較

・期間挿管は、認識されていない食道挿管が発生した場合に重大な合併症率と死亡率に関連する救急医療で頻繁に行われる処置である。ただし、一部の患者では気管チューブ(ETT)を視覚化することが困難な場合がある。本研究では、カラードップラーを追加することで、ETT の位置を視覚化能を改善できるかどうかを評価した。 ・本研究は、さまざまな頸部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブ捻転が挿管確認のための超音波の診断精度に及ぼす影響

・超音波は、挿管試行後の気管チューブ(ETT)の正確な留置を確認するために使用される、すぐに利用可能な方法である。ETT の位置確認の診断精度を向上させるために、ETT 操作を使用することについての研究は限られている。著者らの研究では、標準のグレースケール法下で ETT 捻転が超音波による挿管確認の精度に影響を与えるかどうかを直接評価し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波検査 - 気道評価のための実行可能なツール

・術前の Cormack-Lehane(CL)分類の正確な予測は、麻酔導入時の患者の気道管理の改善に役立つ。著者らの目的は、CL 分類の予測における超音波検査の有用性を調査することであった。 ・著者らは気管内全身麻酔を受ける 100 人の患者を検討した。 Mallampati(MP)クラス、甲状頤間距離(TMD)や胸骨頤間距離(S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直接喉頭鏡検査困難の予測因子としての 2 つの頸部超音波測定の評価:前向き観察研究

・喉頭鏡検査困難は、麻酔科医にとって、特に標準喉頭鏡検査時に換気困難が発生した場合には、依然として課題である。正確な気道評価が常に行われるべきであるが、一般的な臨床スクリーニング検査では、感度が低く、特異度が限られており予測値は限られている。超音波ベースの気道評価は、臨床方法の補助として有用で、簡便で、非侵襲的なベッドサイドツールとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気道評価におけるベッドサイド超音波:Cormack-Lehane 分類に対する超音波で得たパラメータ

・術前期間における気道の超音波検査では喉頭鏡検査困難を予測する上で、有望な1結果が得られている。 ・全身麻酔と気管挿管が必要とされるる待機的手術を予定している 120 人の患者について、前向き観察研究を行った。喉頭蓋前腔の深さ(Pre-E)、喉頭蓋から声帯間の距離の中間点までの距離(E-VC)を超音波計測した。同様に、舌骨頤間距離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の気管チューブサイズ選択における超音波の役割

・本前向き研究の目的は、小児患者で適正サイズのカフ付き気管チューブを調査する際の超音波の成功率を調査し、その結果を従来の身長を基にした(Broselow)テープと年齢に基づく式によるチューブサイズと比較することであった。 ・年齢 1-10 歳で、アデノイド扁桃摘出術に際し全身麻酔を受けた 152 人の小児を研究に登録した。全参加者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不明瞭な解剖学的ランドマークを有する患者の脊椎麻酔下の予定帝王切開における超音波の使用

<ハイライト> ・超音波は、脊柱のための簡単で、効果的、安全なスクリーニングツールである。 ・近年、脊髄ブロックでの超音波の使用が一般的になった。 ・超音波群では皮膚穿刺の回数が有意に少なかった。 ・超音波群の単回皮膚穿刺の成功率は有意に高かった。 <要旨> ・本研究の目的は、理学所見では、棘突起と棘間腔が不明瞭な帝王切開分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

処置前の超音波評価は産科患者の脊椎麻酔研修者の成績を改善しない:無作為化試験

<ハイライト> ・調査対象集団は、80 人の産科患者に対して脊椎麻酔を行う初期臨床研修医で構成されていた。 ・介入は、処置前行われた超音波検査(U/S)であった。 ・脊椎麻酔に際して、測定された主要評価項目は、試行回数と所要時間であった。 ・処置前超音波検査は、脊椎麻酔の試行回数を減らさなかった。 ・超音波検査は、脊椎麻酔の実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音波ガイド下腋窩神経ブロック:新しい方法のボランディアでの研究

・斜角筋間上腕神経叢麻酔(IBPB)は、肩手術の周術期疼痛管理のための絶対的標準手技である。しかし、IBPB の副作用と潜在的重症合併症を避けるためには、より末梢部での技術が望ましい。 そこで、本研究では、超音波ガイド下特異的腋窩神経ブロック施行の新しい方法を開発し記載した。 ・初期調査の後、健康なボランティア 12 人を対象とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more