テーマ:歯牙損傷

全身麻酔に関連した歯牙損傷―後ろ向き研究

・全身麻酔中、特に気道管理中に歯牙損傷が発生する場合がある。本研究の目的は、全身麻酔に関連する歯牙損傷の事例を、損傷の種類と程度、および認識のタイミングに焦点を当てて明らかにすることであった。 ・デンマークの患者補償協会で利用可能な全国の電子データベースをレビューし、2007 年から 2017 年までに全身麻酔に関連して歯牙損傷の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな喉頭鏡検査法による気管挿管時に上顎切歯に作用する力の比較:盲式マネキン研究

・歯牙損傷は、気管挿管のよく見られる合併症である。さまざまな喉頭鏡検査法が歯牙損傷の発生率に及ぼす影響を有効に評価するには既存のエビデンスが不十分であるため、気管挿管時に歯牙構造に加わる力を調査した。 ・挿管マネキンには、全上顎切歯に隠れた圧力センサーが装備されていた。104 人の麻酔科医が、正常気道と困難気道の両方で、マッキント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔に関連した歯牙損傷 - 後ろ向き研究

・全身麻酔中、特に気道管理中に、歯牙損傷が発生することがある。本研究の目的は、全身麻酔に関連した歯牙損傷の症例を、外傷の種類と程度ならびに認識のタイミングに焦点を当てて明らかにすることであった。 ・デンマーク患者補償協会で入手可能な全国的な電子データベースをレビューし、2007 年から 2017 年までに全身麻酔に関連して歯牙損傷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔における歯牙損傷:三次病院の経験

・歯牙損傷はよく見られる周術期合併症であるが、特に声門上気道器具(SAD)の使用に関しては、国内のデータはない。著者らの研究の目的は、シンガポールでの発生率、危険因子、周術期歯牙損傷管理における地域的診療を報告することである。 ・著者らは、2011 年から 2014 年までの部門データベースからのデータを分析して、予測された気道器…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻酔関連歯牙損傷の危険因子

Risk factors for peri-anaesthetic dental injury. Anaesthesia. 2016 Jul 20. doi: 10.1111/anae.13560. [Epub ahead of print] 本後ろ向き症例対照研究では、気管挿管後の周術期歯牙損傷の危険因子を評価した。29041…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻酔で歯牙損傷

Tooth injury in anaesthesiology. Braz J Anesthesiol. 2015 Nov-Dec;65(6):511-8. doi: 10.1016/j.bjane.2013.04.011. Epub 2014 Apr 6. ・歯牙損傷は、全身麻酔の最もよく見られる合併症であり、重要な、身体的、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more