テーマ:カラードップラー

気管挿管の検出のためのカラーフローと標準的な超音波の比較

・期間挿管は、認識されていない食道挿管が発生した場合に重大な合併症率と死亡率に関連する救急医療で頻繁に行われる処置である。ただし、一部の患者では気管チューブ(ETT)を視覚化することが困難な場合がある。本研究では、カラードップラーを追加することで、ETT の位置を視覚化能を改善できるかどうかを評価した。 ・本研究は、さまざまな頸部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more