テーマ:全静脈麻酔

胆嚢摘出術を受ける女性の全身麻酔法と術後回復の質の認識:無作為化二重盲式臨床試験

・最もよく見られる全身麻酔法の 2 つは、全静脈麻酔(TIVA)と静脈/吸入バランス麻酔(BGA)である。これらの 2 つの手法のいずれかが、回復の質に関する患者の認識に影響するかどうかは不明である。本無作為化二重盲式臨床試験の目的は、全身麻酔下で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける女性の術後回復の質を評価することであった。TIVA を受けた患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腎癌に対する硬膜外鎮痛併用の揮発性麻酔 vs 静脈麻酔の免疫抑制効果:予備的無作為化対照試験

・本研究の目的は、低位胸部硬膜外鎮痛併用全身麻酔下に腎癌手術を受ける患者において、細胞性免疫の抑制が全静脈麻酔と比較して吸入麻酔の使用下で強いという仮説を検証することであった麻酔。 ・患者はプロポフォールベース(静脈内麻酔)か、またはセボフルランベース(揮発性麻酔)麻酔群に無作為に割り当てられ、各群に 10 人の患者が、両群に硬膜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術に際しての麻酔維持法と全静脈麻酔に関する麻酔科医の調査

・吸入麻酔と全静脈麻酔(TIVA)は、内視鏡下副鼻腔手術(ESS)の全身麻酔の維持に使用される方法である。TIVA は出血量の減少と術野の改善に関連する可能性があるというエビデンスが増えているが、データは少数の副鼻腔手術症例でしか使用されていないことを示唆している。本研究の目的は、麻酔担当者の間で ESS の麻酔維持法に対する認識とアプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急開頭術を受ける急性硬膜下血腫患者の脳弛緩、頭蓋内圧、血行動態に関する全静脈麻酔 vs 吸入麻酔の比較:無作為化…

・重症外傷性脳損傷(TBI)患者の麻酔の主な目標は、血行動態の安定性、最適な脳灌流圧の維持、ICP の低下、弛緩した脳の提供である。吸入麻酔薬と静脈麻酔薬の両方が一般的に使用されているが、重症 TBI の麻酔管理にいずれの麻酔法が優れているかについて明確な合意はない。 ・性別を問わず、GCS<8、急性硬膜下血腫の緊急手術に挙げられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス移植術を受ける患者の揮発性麻酔薬と全静脈麻酔の比較:無作為化比較試験の最新のメタ分析と試験逐次分析

・冠動脈バイパス術(CABG)患者における揮発性麻酔薬の利点については議論の余地がある。最新のメタ分析を実施して、CABG 中の揮発性麻酔薬の使用が死亡率やその他の転帰を改善するかどうかを評価することを目指した。 ・創始から 2019 年 6 月までの 8 つのデータベースを検索し、CABG 患者で揮発性麻酔薬と全静脈麻酔(TIV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝細胞癌の肝切除術におけるプロポフォールベースの全静脈麻酔はデスフルラン麻酔よりも生存率が優れている

・これまでの研究は、麻酔法が癌手術の転帰に影響を与える可能性があることを示している。肝細胞癌に対する待機的肝切除術後に、麻酔法と患者転帰との関連を調べた。 ・これは 2005 年 1 月から 2014 年 12 月までに肝細胞癌に対する待機的肝切除術を受けた患者の後ろ向き単施設コホート研究であった。患者はプロポフォールか、またはデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼻手術後の覚醒時興奮に及ぼす全静脈麻酔 vs 揮発性麻酔維持の効果:無作為臨床試験

・全身麻酔下の鼻手術後、覚醒時興奮がよく見られ、傷害、痛み、出血、自己抜管のリスク増加など、重大な結果を患者にもたらす可能性がある。何十年もの研究にもかかわらず、成人患者での発症率、危険因子、出血の予防に関する研究が進行中であり、吸入および静脈麻酔の異なる効果に関して意見が異なる。研究の目的は、麻酔法が鼻手術後の覚醒時興奮の発生に及ぼす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡下副鼻腔手術時の術中視覚化のための全静脈麻酔 vs 吸入麻酔:二重盲式無作為化比較試験

・内視鏡的副鼻腔手術(ESS)中の出血は、術野視認を障害し、手術の進行を遅らせる可能性がある。麻酔法が ESS 中の術野の質に与える可能性のある役割は、以前に研究されてきた。しかし、メタ分析からは、現在の文献は決定的ではなく、方法論的な一貫性に欠けているようだ。本研究は、これらの批判を念頭に置いて、ESS 中の術野の質に及ぼす全静脈麻酔…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

乳癌手術に際しての全静脈麻酔 vs 吸入麻酔:後ろ向きコホート研究

・使用される麻酔の種類と癌再発との間の関連性は議論の余地がある。本後ろ向きコホート研究は、全静脈麻酔と吸入麻酔が主要評価項目としての乳癌手術後の無再発生存に及ぼす影響を比較した。 ・著者らは、2005 年 1 月から 2013 年 12 月までに、三次診療教育病院で、乳癌手術を受けた患者の電子カルテをレビューした。患者は、手術に際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡的副鼻腔手術を受けた患者の全身麻酔後の回復の質:全静脈麻酔 vs デスフルラン麻酔

・副鼻腔手術に際していくつかの施設では、吸入麻酔よりも全静脈麻酔(TIVA)を優先している。しかし、TIVA が患者の感じる回復の質に影響を及ぼすかどうかは不明である。本研究は、回復の質 40 アンケート(QoR-40)を使用して、TIVA を受けた手術患者とデスフルラン(DES)麻酔を受けた患者との間で、患者回復を比較した。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結腸癌手術ではプロポフォールによる全静脈麻酔の方がデスフルラン麻酔よりも良好な生存率と関連している

・:これまでの研究では、麻酔薬が癌細胞増殖に及ぼす様々な影響が示されている。ここでは、麻酔の種類と結腸癌切除後の患者生存率との関連について検討した。 ・2005 年 1 月から 2014 年 12 月までに大腸癌切除術を受けた患者を対象とした後ろ向きコホート研究を行った。患者はプロポフォールか、またはデスフルラン麻酔かに応じて群分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全静脈麻酔は、高度の慢性鼻副鼻腔炎手術中の術中視覚化を改善する:二重盲式無作為化比較試験

・全静脈麻酔(TIVA)は、内視鏡的副鼻腔手術(ESS)中の出血量を減少させる方法として提案されてきた。粘膜出血による副鼻腔視覚化障害は、高度の炎症疾患を有する慢性副鼻腔炎の症例では厄介である可能性があり、こういった疾患群での TIVA の役割を示唆している。 ・三次医療センターで ESS を受ける成人の二重盲式無作為化比較試験を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more