テーマ:誤投与

筋弛緩薬の脊柱管誤投与:臨床的および人的要因の分析

・脊柱管麻酔または鎮痛中の薬物エラーはよく知られていない。本研究の目的は、脊髄または硬膜外麻酔中の筋弛緩薬(NMBD)の誤投与に関連する臨床転帰を検討し、そのような過誤の防止に役立つ人間の要因と戦略を調査することであった。 ・ヒトにおける NMBD の脊柱管投与の報告のレビューである。NMBD に関連する過誤の公開レポートについて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試験用量としてのサクシニルコリンの硬膜外腔への偶発的注入

・硬膜外腔への非硬膜外薬の不注意な注入はまれな状況であり、報告されていないため、心血管および呼吸器合併症、対麻痺、または四肢麻痺などの重症の合併症を引き起こし、患者の手術転帰を悪化させる可能性がある。 ・硬膜外に投与されたサクシニルコリンは、線維束攣縮と息切れの出現をきたし、筋弛緩を延長する可能性がある。大きな腹部手術を予定してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more