テーマ:腹部大動脈瘤

開腹腹部大動脈瘤修復術の施設的記憶の低下

・血管内大動脈瘤修復(EVAR)は導入以来、腹部大動脈瘤の治療の主力となっており、開腹動脈瘤修復術は衰退している。本研究の目的は、開腹動脈瘤修復術の頻度減少が周術期の効率の低下と術後合併症の増加につながったかどうかを調査することである。 ・後ろ向きコホート研究で、オタワ病院(TOH)で、2014-2017 年にに実施された連続 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開腹腹部大動脈瘤修復後の周術期合併症率や死亡率に及ぼす硬膜外鎮痛の影響

・硬膜外鎮痛(EA)は、術後鎮痛の改善??と心臓、肺、腎臓の合併症の発生率の低下のために、全身麻酔(GA)の補助として頻繁に使用される。ただし、開腹大動脈瘤(AAA)修復中に EA-GA を具体的に検討した研究はわずかである。特に術後転帰に関する開腹 AAA 修復時の EA-GA の影響は不明である。本研究は、EA-GA と GA 単独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管麻酔と全身麻酔の併用は、待機的開腹大動脈瘤修復術後の周術期転帰を有意に改善する

・開腹腹部大動脈瘤(AAA)修復のコンテキストでの脊柱管麻酔(NA)の使用のエビデンスは希薄である。本研究の目的は、待機的開腹 AAA 修復に際して、全身麻酔と脊柱管麻酔の併用 vs 脊柱管麻酔を併用しない全身麻酔(GA)の 90 日転帰を調査することであった。 ・2003 年から 2016 年までのオンタリオ州の健康管理データを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非緊急血管内腹部大動脈瘤修復における局所麻酔と全身麻酔:系統的レビューとメタ分析

・この系統的レビューの目的は、血管内腹部大動脈瘤修復を受ける患者に局所/区域麻酔(LA/RA)か、または全身麻酔(GA)を使用した周術期の臨床転帰を評価することであった。 ・包括的な電子文献検索が創始から 2018 年 9 月まで行われ、血管内修復を受けた腹部大動脈瘤患者の LA/RA と GA を比較した全ての無作為化および非無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more