テーマ:頸椎固定

Ambu AuraGain 声門上気道を用いた口腔咽頭シーリング圧に及ぼす頸椎固定の効果:無作為化クロスオーバー試験

・Ambu AuraGain ラリンジアルエアウェイ(AuraGain)は、2014 年に導入された新しい声門上気道器具の 1 つである。硬性頸椎カラーによる頸椎安定化により、声門上気道と気管挿管の挿入が困難になる。本研究は、AuraGain で確保された気道で、頸椎カラーの存在が口腔咽頭シーリング圧(OSP)と声門のファイバー視野(B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頸椎固定した小児で挿管における McGrath MAC と直接喉頭鏡の比較:マネキン研究

● 知られていること: 小児科における気道管理は困難であり、高度な技術と経験が必要である。頸椎固定は、頸椎損傷の危険性がある全患者に適用されるが、それはこれらの患者の気管挿管を著しく悪化させる。ビデオ喉頭鏡は、日常的な臨床状況において、挿管を容易にし、気道の可視化を改善すると報告されている。 ● 新しいこと: McGrath は使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頸部固定患者の代替挿管法 vs マッキントッシュ喉頭鏡:無作為化比較試験の系統的レビューとメタ分析

・頸椎固定は、気管挿管条件を悪化させる。様々な挿管器具がこの条件下で試験されている。それらの相対的有用性は不明なままである。 ・著者らは、MEDLINE、EMBASE、Cochrane Library を検索し、頸椎固定したヒト被験者でなんらかの挿管用具とマッキントッシュ喉頭鏡とを比較した無作為化比較試験を検索した。主要評価項目は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more