テーマ:オピオイド消費量

周術期投与した静脈内投与したリドカインが小児の内因性オピオイドの術後血清濃度に及ぼす影響

・内因性オピオイドは疼痛緩和過程に関与する神経ペプチドである。末梢において、それらは合成されて、免疫系の細胞に貯蔵される。本研究では、小児における周術期の静脈内(i.v.)リドカイン注入が、術後血清内因性オピオイド濃度に及ぼす影響について明らかにする。(※ 画像は、Met-エンケファリンの 3D 構造(Wikipedia より)) ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下垂体腫瘍に対する経蝶形骨洞手術中の静脈内アセトアミノフェンと術中オピオイド消費量減少との関連

・経蝶形骨洞手術中と術後の疼痛は、鼻腔と硬膜の内面を支配する三叉神経頭蓋神経枝の刺激に起因する。それにより、経蝶形骨洞手術を受ける患者は、オピオイドを含む中程度から大量の鎮痛剤を必要とする可能性がある。アセトアミノフェンの静脈内投与は鎮痛作用をもたらし、さまざまな手術でオピオイド消費量を減らす。著者らは、アセトアミノフェンの静脈内投与は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more