テーマ:フェンタニル

Q:呼吸数を指標としたフェンタニル維持投与の方法とは?

A:通常、気管挿管して人工呼吸をしている場合、患者さんが痛がっているかどうかは、「疼痛モニター」として標準的評価法が存在しない現在のところ、「痛み刺激」→「交感神経の緊張」→「血圧上昇と頻脈」という間接的なモニター・パラメータを見て判断している。 「急に血圧が上がって、頻脈になっている。これは痛がっているな~!」と。しかし、そうい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Q:麻酔導入に必要なプロポフォール用量とフェンタニルの関係は?

A:プロポフォールを単剤で使用する場合と、フェンタニルを併用する場合とでは、その必要量がずいぶんと異なる。併用するフェンタニルの用量が多くなればなるほど、プロポフォールの必要量は少なくなる。 この相補的な相互作用は、20 年以上前の Anesthesiology の論文に報告されている。また、同様の関係は、フェンタニルとセボフルラ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more