テーマ:ブピバカイン

人工膝関節全置換術後の回復のための持続大腿神経ブロックに際してのロピバカイン注入レジメンの有効性の比較:無作為化二…

・人工膝関節全置換術(TKA)後の鎮痛には、持続大腿神経ブロック(cFNB)が効果的である。ただし、cFNB のロピバカイン注入のどの低用量レジメンが適切な鎮痛を提供し、迅速な回復を可能にするかは明らかではない。本研究の目的は、TKA 後の患者のリハビリテーションに及ぼすさまざまな cFNB レジメンの効果を比較することであった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下肥満症手術の術後痛に及ぼす腹腔内ブピバカインの効果

・術後疼痛には多くの有害効果があり、適切に管理されない場合、広範囲の合併症を引き起こす可能性がある。オピオイドには、疼痛管理のために頻繁に使用される薬物であるが、特に肥満患者において、いくつかの重症の呼吸器および消化管の合併症がある。本研究で、著者らは、腹腔鏡下肥満症手術の術後疼痛に対する腹腔内ブピバカイン洗浄の効果を評価することを計画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足と足関節部外科手術に対する局所麻酔薬単剤 vs 3 種薬剤混合区域麻酔の比較

・本研究では、足と足関節部手術を受ける患者で、ブピバカインと 3 種類の添加物(ブプレノルフィン、クロニジン、デキサメタゾン)を含むブロックと、局所麻酔薬ブピバカイン単剤を含むブロックの結果を比較した。 ・9 ヵ月間にわたり足と足関節の手術を受ける 80 人の患者を前向きに登録し、無作為に局所麻酔薬単剤(SA)か、または 3 種類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乳房手術の超音波ガイド下胸筋ブロック I 型と II 型におけるデキスメデトミジン併用ブピバカイン

・デキスメデトミジンは、末梢神経ブロックの持続時間を延長するのに安全かつ有効であることが実証されている。本研究は、乳房手術における胸神経ブロック(Pecs)I 型と II 型において、ブピバカインにデキスメデトミジンを追加した場合 vs ブピバカイン単味の場合の持続時間、術後鎮痛の質、循環動態安定性、患者の満足度を比較するために行われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開脊椎麻酔における高比重ブピバカインの投与量に及ぼすクモ膜下デキスメデトミジンの効果

・研究では、中枢または末梢神経ブロックの補助薬としてデキスメデトミジン(Dex)を局所麻酔薬に添加すると、鎮痛の持続時間を延長できることが示されている。著者らは、クモ膜下 Dex がクモ膜下高比重ブピバカインの ED95 を減少させることができると仮定した。そこで、著者らはこの仮説を検証するために、本前向き二重盲式無作為化研究を行った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両側全膝関節置換術後の硬膜外鎮痛にフェンタニル+ロピバカインとフェンタニル+ブピバカインを比較

・膝関節全置換術(TKR)後の疼痛は、早期リハビリテーションを妨げる。TKR 後の患者での硬膜外ブピバカインの使用は有効な鎮痛に関連するが、関連する運動遮断効果は機能回復を遅らせる。著者らは、0.1% ロピバカイン±フェンタニル 2.5μg/mL vs 0.0625% ブピバカイン+フェンタニル 2.5μg/mL を使用した術後患者管理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

患者管理硬膜外鎮痛を用いた分娩時疼痛管理のためのブピバカインとレボブピバカインの最適濃度

<ハイライト> ・局所麻酔薬濃度を下げると、鎮痛効果が低下する。 ・分娩時鎮痛に対する満足度は、局所麻酔薬濃度の影響を受けない。 ・局所麻酔薬の濃度は、運動ブロックの発生率に影響する。 <要旨> ・研究目的は、患者管理硬膜外鎮痛を用いて、分娩時鎮痛の 2 種類の局所麻酔薬の異なる低濃度の有効性および安全性を評価することであった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブピバカインとロピバカインの片側脊椎麻酔の有効用量(ED50)の決定:前向き二重盲式無作為化試験

・片側脊椎麻酔(USpA)は、脊椎麻酔を増強すると報告されており、老人患者に使用されている。本研究の目的は、待機的股関節置換術を受ける高齢者(70歳以上)について、0.5% 低体重ブピバカインと 0.5% 低比重ロピバカイン USpA の有効投与量中央値(ED50)を調査することであった。 ・待機的股関節置換術を受ける 60 人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹部手術の術後鎮痛のための 1μg/ml フェンタニル併用下硬膜外ロピバカイン vs ブピバカイン

・本研究は、大腹部手術における術後鎮痛に際して、2 種類のアミド型局所麻酔薬、ロピバカインとブピバカインをフェンタニルを併用して持続硬膜外注入の有効性を比較するために実施された。 ・大腹部手術が予定された合計 60 人の患者を、各群 30 人の患者を有する 2 研究群、B 群と R 群に無作為化した。硬膜外カテーテルを留置した後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児術後鎮痛のための仙骨ブピバカイン vs ブピバカイン+ケタミンとの比較:前向き無作為化臨床試験

・小児の術後疼痛に及ぼす仙骨ブピバカイン+ケタミンの有効性。本研究の目的は、臍下手術を受ける小児患者の術後鎮痛に際し、ブピバカインとケタミンの混合物による仙骨ブロックの鎮痛効力と安全性をブピバカイン単独と比較することであった。 ・三次教育病院で前向き無作為研究を実施した。収集したデータ:年齢、体重、手術所要時間、鎮痛持続時間につい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開の脊椎麻酔に際し 0.5% 高比重ブピバカインに添加したスフェンタニル投与量による効果

・クモ膜下ブロックは、帝王切開のために広く使用されている麻酔法である。鎮痛の質を改善し、鎮痛持続時間を延ばすために、局所麻酔薬へのクモ膜下オピオイドの添加が推奨されている。著者らは、クモ膜下高比重ブピバカインに添加したスフェンタニル 2.5μg と 5μg の効果を比較した。 ・著者らは 105 人の満期妊婦患者を登録し、1 群(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩でのオピオイド併用クモ膜下高比重ブピバカインの最適投与量:前向き二重盲式無作為化研究

<ハイライト> ・オピオイドを併用したクモ膜下高比重ブピバカイン最適投与量を調査した。 ・硬膜外に補助投与なく適切な麻酔を提供できる用量は 12mg であった。 ・フェニレフリンの投与量と悪心嘔吐の発生率はブピバカインの投与量とともに増加した。 <要旨> ・待機的および緊急帝王切開に際しては、脊椎麻酔単独の方法(硬膜外カテーテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモ膜下硫酸マグネシウムは、健常な患者の帝王切開分娩に際してのクモ膜下高比重ブピバカインの ED50

・局所麻酔薬へのクモ膜下硫酸マグネシウムの添加は、妊婦において脊椎麻酔を増強し、鎮痛を延長させることが報告されている。本研究は、クモ膜下硫酸マグネシウムが、帝王切開分娩に際してのブピバカインとスフェンタニルによる脊椎麻酔下での用量のための高比重下ブピバカインの用量を減少させるかどうかを調査することであった。 ・帝王切開分娩を予定さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

両側全膝関節置換術後の術後硬膜外鎮痛に、ロピバカイン±フェンタニル vs ブピバカイン+フェンタニル

<ハイライト> ・術後硬膜外局所鎮痛は、膝関節形成術に有効である。 ・硬膜外ロピバカインへのフェンタニルの添加は、運動ブロックせずに、選択的鎮痛を提供した。 <要旨> ・膝関節全置換術後の疼痛(TKR)は早期リハビリテーションを妨げる。TKR 術後患者での硬膜外ブピバカインの使用は有効な鎮痛を提供するが、付随する運動遮断効果は機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more