テーマ:ノルアドレナリン

帝王切開分娩に際しての脊髄硬膜外併用麻酔時の低血圧を予防するためのノルエピネフリンの体重調整注入の無作為化二重盲式…

・ノルエピネフリン注入は、帝王切開に際しての脊椎麻酔時の低血圧を予防するための効果的な方法として提案されている。しかし、ノルエピネフリンの最適な投与計画は十分に確立されていない。本研究の目的は、帝王切開に際しての脊柱管麻酔時の低血圧を予防するために、ノルエピネフリンの体重調整定量注入の用量反応特性を調査することであった。 ・二重盲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に際しての脊椎麻酔時の低血圧治療のためのノルエピネフリンとフェニレフリンのボーラスの比較: 無作為化対照試験

・帝王切開に際しての脊椎麻酔後の低血圧は、十分な輸液負荷にもかかわらずよく見られる。フェニレフリンは、帝王切開時の脊髄低血圧の治療に推奨されるている薬剤である。最近、フェニレフリンボーラスの代わりに、ノルエピネフリンボーラスが提案されている。本研究の目的は、帝王切開時の脊髄低血圧を治療するために、ノルエピネフリンのボーラス投与とフェニレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルエピネフリンとバソプレッシン:敗血症性ショックで最初に中止すべき昇圧剤はどれか?メタ分析

・ノルエピネフリン(NE)注入だけでは血圧を上げるのに不十分な敗血症性ショック患者は、バソプレシン(VP)の併用投与が必要である。しかし、現ガイドラインでは、患者の敗血症性ショックが解消し始めたら、どの血管作用薬を最初に中止するかについて臨床医に助言されていない。さらに、NE と VP の併用療法を受けている敗血症性ショック患者の昇圧剤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショックと高血圧症既往患者の微小循環に及ぼすノルアドレナリンによる血圧上昇の影響

・研究の目的は、敗血症性ショックと全身性動脈性高血圧症既往のある患者で、平均動脈圧の増加が、動脈性高血圧症のない患者(対照)と比較して微小循環性と全身性血行動態変数を変化させるかどうかを評価することであった。 ・教育病院 2 施設にある ICU 3 室での前向き非盲式介入研究で、説明と同意の後、年齢 18 歳以上の敗血症性ショック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開術中の脊椎麻酔後低血圧の治療のためのフェニレフリンとノルアドレナリンのボーラス投与

・フェニレフリンは現在、待機的帝王切開術中に選択される血管拡張薬であるが、それは反射性徐脈を引き起こす可能性がある。強力なα作動薬および弱いβ作動薬であるノルアドレナリンは、徐脈の発生率の低下と関連している可能性がある。ただし、比較情報は限られている。 ・この二重盲式無作為化対照試験では、合併症のない単胎妊娠の女性における待機的帝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膀胱摘除術+尿路変更後の術後腎機能に及ぼす術中輸液とノルアドレナリン投与の影響:後ろ向き観察コホート

・塩分と水の過負荷を回避するための術中輸液療法への制限的アプローチを可能にするためのノルアドレナリンの使用は、ますます受け入れられている。しかしながら、このアプローチが腎機能に及ぼす影響についての懸念が提起されている。本研究の目的は、尿路変更膀胱摘除術を受ける患者で、急性腎障害(AKI)の危険因子を同定し、ノルアドレナリンの投与と術中輸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血清アルブミン値が集中治療室への入室後 24 時間におけるノルアドレナリンと輸液必要量の予測値

<ハイライト> ・ICU 入室時のアルブミンは、ICU 入室 24 時間に必要なノルアドレナリン量と関連している ・ICU 入室時のアルブミンは、ICU 入室 24 時間に投与された総輸液量と関連している ・ICU 入室時にアルブミンが 1g 増加するごとと、24 時間後に動脈の乳酸値が(増加する代わりに)減少する変化量を増加させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗血症性ショックを有する内科集中治療室患者でのノルエピネフリン開始前の低血圧持続期間が及ぼす影響

<ハイライト> ・敗血性ショックにおけるノルエピネフリン(NE)開始の最適なタイミングは不明である。 ・本研究では、ICU 転帰に及ぼす NE 開始前の低血圧持続期間を評価した。 ・NE 開始までの 1 時間の遅延は、ICU 転帰不良とは関連していなかった。 <要旨> ・研究目的は、敗血症性ショックを有する MICU 患者で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more