テーマ:腹腔鏡下骨盤手術

尿道カテーテル法は、非腫瘍学的腹腔鏡下骨盤手術中に必要ではない

・非腫瘍学的腹腔鏡下骨盤術の前にルーチンの尿道カテーテルが必要かどうかに関して、専門家の意見は分かれている。カテーテルは、恥骨上腹腔鏡ポートを挿入する際の膀胱損傷の発生率を低下させ、膀胱充満による骨盤の視界の妨げを防ぐと考えられている。ただし、カテーテル挿入には院内感染のリスクが伴い、金銭的コストがかかる。さらに、留置カテーテルは早期離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more