テーマ:SPI

意識のある術後患者の代理疼痛尺度としての Surgical Pleth Index とAnalgesia Noci…

・代理疼痛尺度として Surgical Pleth Index(SPI)と Analgesia Nociception Index 鎮痛侵害受容インデックス(ANI)の性能を評価し、意識のある術後患者の疼痛を検出するためのそれぞれのカットオフ値を調査した。 ・合計で、192 人の待機的手術後患者が登録された。ベースライン SPI …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Surgical Pleth Index :小児での術後疼痛の予測は?

・Surgical Pleth Index(SPI)は、術中痛覚の評価を可能にすることを目的とした非侵襲的で無次元のスコア(0-100)である。したがって、術中鎮痛をガイドするのに有用なツールとなり得る。しかしながら、小児で使用するための最適な SPI 標的範囲はまだ明らかではない。本研究の目的は、小児の中等度から高度の術後疼痛を予測す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SPI を用いたセボフルランとデスフルランの等価 MAC での鎮痛特性の比較

・伝統的に、揮発性麻酔薬の効力を比較するための標準的手段として、最小肺胞濃度(MAC)が用いられてきた。しかし、それは鎮痛の皮質下メカニズムよりは、むしろ不動の脊髄メカニズムを反映している。最近、光容積脈波波形に由来する Surgical Pleth Index (SPI)が術中鎮痛成分を反映することが示された。本研究は、2 種類のよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SPI ガイドの鎮痛は、腹腔鏡下胆嚢摘出術に対する術中交感神経反応を鈍くする

・外科性有害刺激は、交感神経活動の増加を伴うストレス反応を生じ、潜在的に周術期転帰に影響を及ぼす。脈波プレチスモグラムに由来する Surgical Pleth Index(SPI)は、疼痛-抗侵害受容バランスを評価するためのツールとして提案されている。全身麻酔中の SPI と自律神経系(ANS)との関係はあまり理解されておらず、SPI …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SPI ガイドのレミフェンタニル投与は、レミとプロポフォールの消費量を減少させ回復を早める

・Surgical Pleth Index(SPI)は、交感神経系と副交感神経系のバランスと相関する容積脈波特性の変化に基づく指標である。これは、侵害受容と抗侵害受容との間のバランスの尺度として提案されている。この研究の目的は、日帰り麻酔でレミフェンタニルの投与量調節に使用できるかどうかを試験することであった。 ・合計 170 人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:Surgical Pleth Index とは何か?

Surgical Pleth Index(SPI) は、フィンランド、ヘルシンキの「GE Healthcare」社が提供している、パルスオキシメータから得られる脈波の振幅と脈拍数から算出される数値で、疼痛モニターの一種である。 以下は、 SPI についての Quick Guide に記載されている内容から一部抜粋して日本語に訳した…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

セボフルラン+レミフェンタニル麻酔中の鎮痛侵害受容指数と Surgical Pleth Index

・麻酔中の疼痛-抗侵害受容バランスの評価は、依然として困難であり、日常的には、体動または無反応といった臨床基準に基づいている。最近、麻酔の鎮痛成分の定量化のために、心拍変動性に由来する鎮痛侵害受容指数(ANI)とフォトプレチスモグラフィ信号に由来する Surgical Pleth Index(SPI)が導入された。 ・説明と同意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔中の侵害受容をモニターするための革新的技術の検証:テタヌス刺激と皮内電気刺激を用いた臨床研究

・本研究では、侵害受容反応に対しての診断精度と予測確率に関して、鎮痛指標とされる、鎮痛侵害受容指数(心拍数変動性)、Surgical Pleth Index(フォトプレチスモグラフィ:光電式容積脈波記録法)、瞳孔拡張を、心拍数、平均動脈圧、バイスペクトル指数と比較する。主要評価項目は、Δ値と投与レミフェンタニル用量との間の相関関係であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more