テーマ:チェックリスト

導入前チェックリストの使用は、麻酔担当者が思うよりも患者の不快感は少ない:観察研究

・WHO が 2008 年に「安全な手術が命を救う」プログラムをリリースして以来、周術期チェックリストはエラーを最小限に抑え、世界中の患者の安全性を向上させている。麻酔の専門家は、麻酔や術前に患者の不快感を引き起こすことを恐れて、患者の前でこれらのチェックリストを使用したがらない。本研究の目的は、術前チェックリストの使用に起因する患者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

標準化チェックリストを使用すると、手術室からの避難での重要な行動の完了率が向上する

・特別なニーズを持つ患者の病院からの避難は非常に困難であり、このまれな事態のために病院職員を訓練することは困難である。研究者らは、手術室(OR)からの全身麻酔下での患者の避難についての標準化チェックリストの効果を調査する現場シミュレーション研究を開発し、チェックリストが重要な行動の完了率を改善し、避難時間を短縮すると仮定した。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成人の気道管理の短期合併症に及ぼすチェックリストの影響

・気道管理は全身麻酔の不可欠な部分であり、それは重症の短期的、長期的合併症を引き起こす可能性がある。著者らは、気道管理のステップにチェックリストを適用することで、著者ら施設での合併症数が減少するかどうかを評価した。 ・前向き観察対照研究において、チェックリストとデータ収集シートを作成した。各気道管理は、チェックリストなしで 1 ヶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中心静脈カテーテル先端位置決めの質を改善するためのチェックリスト

中心静脈カテーテル挿入は、周術期において麻酔科医によって行われる日常的な処置である。上半身中心静脈カテーテルは通常、それらの先端が上大静脈内または大静脈心房接合部に位置するように留置される。先端を右心房内に「低すぎる」位置に留置すると穿孔の危険性を高め、心臓タンポナーデをもたらすことから、長い間議論されてきた。腕頭静脈内やそれより上で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

処置前チェックリストは、外傷患者の救急部門での気管挿管の安全性を改善する

・外傷患者の気管挿管は、救急部(ED)において極めて重要かつ高リスクな処置である。仮説は、標準化した処置前チェックリストの実施がこの処置の安全性を改善することであった。 ・挿管前のチェックリストを開発し、その後、大学関連外傷センター ED で前向き前/後研究を実施した。年齢 16 歳以上の外傷患者のうち、チェックリストの実施前 6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more