テーマ:ピリドスチグミン

腹腔鏡下胆嚢摘出術におけるスガマデクス vsピリドスチグミン/グリコピロレートによる筋弛緩の拮抗:術後の消化管運動…

・アセチルコリンエステラーゼ阻害剤(例、臭化ピリドスチグミン)は、全身麻酔(GA)で手術を受ける患者の筋弛緩(NMB)の拮抗に使用される。抗コリン薬(例えば、グリコピロレート)の併用は、コリン作動性副作用を減少させるが、腸蠕動を妨げる可能性がある。スガマデクスにはコリン作用はない。その使用は、ピリドスチグミン/グリコピロレートと比較して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生体ドナー肝切除後のドナー 992 人の術後凝固機能とスガマデクス vs ピリドスチグミン

・肝切除は術後凝固障害と関連する可能性があるが、ドナーの安全性は生体ドナー肝移植における主要な関心事である。最近、スガマデクスの使用は徐々に増加しているが、スガマデクスはプロトロンビン時間(PT)と活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)を延長することが知られている。著者らは、生体ドナー肝切除術を受けたドナーの術後凝固機能とスガマデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩拮抗にスガマデクスまたはネオスチグミン+グリコピロレートを投与された患者の回復特性:RCT

・スガマデクスは、ネオスチグミンと比較してロクロニウム誘発筋弛緩をより迅速かつ確実に拮抗させるが、嘔気嘔吐および回復の他の側面を含むその後の患者転帰が変わるのかどうかは不明である。本研究では、筋弛緩拮抗後のスガマデクスとネオスチグミン/グリコピロレートの回復特性を比較した。 ・これは、ロクロニウムを含む標準化された全身麻酔法を用い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more