テーマ:英語の勉強

お気に入りの壁紙 ~ NHK WORLD

 手術室にこもって麻酔という仕事に従事していると、「春」だの、「梅雨」だのといった季節を感じることなく、日々が過ぎ去ってしまう。家に帰って、「今日はすご~く暑かったね。」と言われても、「あっ、そうだったんだ・・・。」としか答えようがない。  せめて、コンピュータを触り始める時だけでも季節感を味わいたいという気持ちもあって、数年前か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーディングとリスニングの隙間

 リーディング速度が100ワード/分以下の場合には、ニュース英語などアナウンサーが文章を話し聞かせるようなものを聞き取って理解するのは到底無理である。少なくとも活字になった文章を話者のスピードと同じかそれ以上、つまり150~200ワード/分以上のリーディング・スピードで読めるようになってはじめて、リスニングも可能となる。  高速で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーディングは簡単であり、リスニングは難しい!

 私が英語の再勉強を始めたころ、「リーディングは簡単であり、リスニングは難しい!」などとは思っていなかった。リーディングもリスニングも練習すれば、それなりに少しずつでも習得できるものだと漠然と考えていた。  しかし、「まずはリーディングから!」と思って勉強を始めて、少し以前よりはスラスラ読めるようになって、リスニングを鍛えようと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラムのバージョンアップ(Ver.0.60)

 「麻酔と英語のお勉強」プログラムをバージョンアップししました。  追加した機能は以下です。 【1】 従来の「英辞郎」タブを「辞書/翻訳」タブとし、辞書サイトとしては、「アルクの英辞郎(ALC)」、「ライフサイエンス辞書(LSD)」、「Weblio辞書」、「goo辞書」へのアクセスボタンを追加しました。翻訳サイトとしては、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラム(Ver. 0.5*) のヘルプファイル暫定版(PDF形式)

「麻酔と英語のお勉強」プログラム(Ver. 0.5*)に関連した記事を再編集して、ヘルプファイルをPDF形式で作成していたのをアップロードするのを忘れていました! 「麻酔と英語のお勉強」プログラム(Ver. 0.5*) のヘルプファイル暫定版(PDF形式) ダウンロードする場合は、右クリックメニューから「対象をファイルに保存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラムのバグ修正(Ver, 0.52)

その後、発覚したバグをいくつか潰しましたので、Ver. 0.52 として再度アップします。 【ダウンロード】 プログラムのダウンロード(Ver. 0.52) <問題のあった点> ・翻訳をさせるとすぐに割り当て上限に達してしまってたくさんの翻訳ができない。 ・続けて文献をダウンロードすると、前の記事の後ろに続いてしまう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラムのバグ修正(Ver, 0.51)

「麻酔と英語のお勉強」プログラムの大幅バージョンアップ!!で紹介した Ver. 0.50 で不具合のあった箇所が修正できましたので、Ver. 0.51 として再度アップします。 【ダウンロード】 プログラムのダウンロード(Ver. 0.51) Ver. 0.50 は、ライフサエイエンス辞書プロジェクトのサーバーや、Micr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」Ver. 0.50 の「EtoJ」で工夫した点

 「麻酔と英語のお勉強」プログラム Ver. 0.50 では、ライフサイエンス辞書プロジェクトの「EtoJ」サービスを利用して、英単語の自動辞書引きが可能になった。わざわざ、本プログラムに組み込んだのには、理由がある。 【ライフサイエンス辞書の EtoJ サービスの欠点】  ライフサイエンス辞書の「EtoJ」に英文をコピー・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラムの大幅バージョンアップ!!

今回追加した機能は、以下の5点です。 1.クリップボード経由の辞書引き機能 2.クリップボード経由の機械翻訳機能 3.英文抄録集の一括辞書引き機能 4.英文抄録集の一括機械翻訳機能 5.(3)と(4)の自動化機能 ←(ちょっと不具合があるかも) <2011/11/26 追記>  一応、(5)の不具合が修正できたと思…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラムの印刷設定について

 「麻酔と英語のお勉強」プログラムは、Windows に付属している 「Internet Explorer」 の機能を利用しています。  [プレビュー]タブに表示された文書を印刷する場合、右クリックの[印刷プレビュー]や[印刷]メニューから行いますが、実は、この右クリックで表示されるメニューは、「Internet Explorer…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラムのバグ修正 Ver. 0.40 → 0.41

【修正点】  麻酔科関連の英文雑誌のサイトにアクセスできるボタンを追加しました。「SHOCK」と「Regional Anesthesia & Pain Medicine」の2つです。  また、うまく抄録をダウンロードできないバグがあるのが分かり、修正しました。まだまだ、今後出てくる可能性はありますが、随時修正していきたいと思いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極楽辞書引き環境=ライフサイエンス辞書ツール

 以前に、インターネット上の辞書活用の3段階として、 1.グーグルツールバーのマウスオーバー辞書 2.Kingsoft のキングソフト辞書 3.ALCの「英辞郎」 を紹介しましたが、これらよりもずっと強力な辞書ツールがあります。  それは、「ライフサイエンス辞書ツール」です。 だまされたと思って、上記リンクを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラム(Ver. 0.40)説明(追加その2)

 前回は、「Anesthesiology」の過去号にアクセスしたり、別のサイトにもアクセスしたりしてみました。今回は、別のグループサイトにアクセスしてみます。 【8】 同様の手順で「Anesthesia & Analgesia」にアクセスします。 【9】 過去号にアクセスするには、「PAST ISSUES」をクリックします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラム(Ver. 0.40)説明(追加その1)

 前回の記事では、「Anesthesiology」のサイトにアクセスして、最新号の英文抄録を抽出しました。今日は、「Anesthesiology」の過去号にアクセスしたり、別のサイトにもアクセスしたりしてみます。 【1】 「Anesthesiology」のサイトから、「< Previous Issue」をクリックして、先月のインデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラムのバージョンアップ Ver. 0.40 英文抄録抽出機能を追加

 「英和対訳」で少しずつ英文が読めるようになってきたら、今度は英文雑誌のサイトに直接アクセスして、英文抄録に挑戦してみよう。  ・・・ということで、今回のバージョンアップでは、ウィンドウの右端に、麻酔科関連の英文雑誌のサイトにアクセスできるボタンを配置した。  これだけならば、ブラウザの「お気に入り」にサイトを登録するのとな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『麻酔と英語のお勉強プログラム』のヘルプファイル

 ボタンとかにマウスオーバーすれば、ヒントが出るようにしているし、機能がめちゃめちゃ限定的なので、まさか使い方が分からないなんていう人はいないとは思うんですが、いちおう一連の記事をまとめて、「麻酔と英語のお勉強」プログラム Ver. 0.31 URL指定可能版のヘルプファイルを作ってみました。 ヘルプファイルのダウンロード(Ver…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラム Ver. 0.31 URL指定可能版

 サイト内検索で表示させた記事結果が、本来のブラウザに表示されてしまい、本プログラムのウィンドウ内に表示されないため内容抽出できない場合のことを考慮して、URLを指定できるようにしました(Ver. 0.31)。 プログラムのダウンロード(Ver. 0.31)  サイト内検索で、本来のブラウザに表示された記事を、本プログラムの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔と英語のお勉強」プログラム、さらにバージョンアップ!!

「麻酔科勤務医のお勉強日記」で麻酔と英語のお勉強 で紹介したプログラムをさらにバージョンアップしました(Ver. 0.3)。 プログラムのダウンロード(Ver. 0.3) <追記>  サイト内検索で表示させた記事結果が、本来のブラウザに表示されてしまい、本プログラムのウィンドウ内に表示されないため内容抽出できない場合のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターネット英和辞書の活用3段階

 インターネット上では、いろいろな英和辞書が無料で利用できる。また翻訳サイトもたくさんある。しかし、英語から日本語への機械翻訳の精度はまだまだ満足には程遠い。だから、当ブログの存在価値もあるのだが・・・。  ある程度の語彙力が付くまでは、丹念に辞書を引くことも語彙力増強のためには必要不可欠だ。  紙に印刷してある英文では、英…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英文を速く読むコツ(その2) ~英単語の脳内配置を変える~

 中学~高校と大学受験に向けた英語の勉強で、私たちの脳内には、英単語とその日本語の意味が一対になってデータベースとして保存されている。  その結果として、日本語を1本の木、そして葉っぱ1枚1枚を日本語の語彙に例えた時、この木の1枚1枚の葉っぱに、英語という別の種類の木の葉っぱである英単語が付いたような構造になっている。本来の英語の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英英辞典の効用、英語の学び方

英語学習の過程で英英辞典の活用がしばしば取り上げられる。  昔は、その意義があまり理解できなかった。実際に、自分の知らない単語を英英辞書で引くと、その意味が簡単ではあるが英語で記されていて、それを解釈するのに一苦労するため、まどろっしくて仕方がなかった。  そして、説明文の中にさらにまた見慣れない単語があったりすると、それを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーディングからはじめよう!そして、リスニング

 英語には、「リーディング(読む)」、「リスニング(聞く)」、「ライティング(書く)」、「スピーキング(話す)」という4つの技能面があるが、これは英語に限ったことではなく、語学学習はすべてこの4つの技能が対象となる。しかし、母国語に限って言うと、昔から「読み書き算盤(そろばん)」が基礎学力とされ、「聞く」「話す」は、基礎学力にさえ入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英文を速く読むコツ ~スラッシュ・リーディング~

 英文を速く読めるようになるには、「日本語に訳してはいけない!」これは鉄則である。  10年前に「英語の勉強を久しくしていなかったが、もう一度勉強しなおそう。英語の論文がスラスラと読めるようになりたい。」と思った頃、私の頭の中には、まったくそのような鉄則はなかった。  しばらくは、中学や高校、さらに大学の教養でやったように、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EJ(麻酔科勤務医のお勉強日記)のバグ修正

「麻酔科勤務医のお勉強日記」で英語と麻酔のお勉強 で紹介したブログラムで、 英文タイトルに「,(カンマ)」を含む場合に、カンマが「{**}」と表示されてしまうバグを修正しました。(Ver. 0.21) 【修正前】 【修正後】 簡単なプログラムですが、まだまだ、いろいろなバグがあるかもしれません。 使ってみて、バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「英文抄録と日本語抄録の対訳」での英語の勉強法

 まずは、時間を計りながら、英文抄録を読んで、自分がどれくらいのリーディング・スピードがあるのかを確認してください。この時、英文のすみからすみまで完璧に理解できている必要はありません。  語学の習得に完璧主義は必要ありません。書いてある内容の8割~9割の内容把握でけっこうです。1回のリーディングでは、内容理解が8~9割に達しない場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「英語と麻酔のお勉強」プログラム、ちょっとバージョンアップ

「麻酔科勤務医のお勉強日記」で英語と麻酔のお勉強 で紹介したプログラムをちょっぴりバージョンアップしました。  英文リーディングの練習をする場合、漫然と読んでいたのでは、リーディング・スピードは、なかなかアップしません。  誰もが最初から速く走れるわけではありませんよね。速く走れるようになるためには速く走れるように訓練します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の辞書を引くことのデメリット

 英語を読むときに、辞書を引くのは当たり前であって、デメリットなんて存在しないと思う人は読む価値があると思う。「辞書ばっかり引いてちゃダメなんだよ。」と思う人は読み飛ばしてください。  私たち、日本人は、幼少期~小学生~中学生~高校生になる間に、日本語で書かれた文章を読むときに、いったいどれくらい「国語辞典」を引いただろうか? 小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「麻酔科勤務医のお勉強日記」で麻酔と英語のお勉強

 当院の若手の麻酔科医が「New England Journal って日本語訳があるんですか?」とたずねてきた。 「毎号の抄録のうち、いくつかは日本語抄録があるよ。南江堂のサイトに行けばね。」と答えた。続けて、 「なんで、そんなこと聞くの?」とたずねたら、 「いやっ、ちょっと英語で Critical Care とかの論文読…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more