テーマ:自発呼吸

自発呼吸を伴う非挿管式ビデオ補助胸部手術と挿管式ビデオ補助胸部手術の比較:14 件の無作為化比較試験に基づくメタ分析

・ビデオ補助胸部手術(VATS)では、一般的に全身麻酔下で気管挿管を行う。しかし、どうしても挿管関連の合併症を引き起こし、術後の回復過程を長引かせてしまうことがある。徐々に、非挿管式ビデオ補助胸部手術(NIVATS)が利用されるようになってきた。しかし、その安全性と有効性については議論の余地がある。 ・Cochrane Libra…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然気胸に対するビデオ補助胸腔鏡下手術中の自発呼吸と人工呼吸の比較:無作為化試験

・自発呼吸によるビデオ補助胸部手術(SV-VATS)は、人工呼吸による VATS(MV-VATS)と比較して、術後の回復に優れた、あるいは同等の効果があると報告されている。しかし、SV-VATS によるブレブ摘出術の周術期の安全性は完全には示されていない。 ・年齢 16 歳から 50 歳の原発性自然気胸患者を対象に、SV-VATS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自発呼吸成人手術患者における術後咽喉頭痛に及ぼすラリンジアルマスク内圧測定の効果

・ラリンジアルマスク(LMA)は麻酔に広く使用されており、一般に安全であると考えられている。術後咽喉頭痛(POST)は、LMA の使用後に頻繁に起こる合併症であり、患者にとって非常に苦痛となる。術後咽喉頭痛を軽減する上で 30~32cmH2O の LMA カフ圧を使用することは研究されていない。研究の目的は、LMA カフ圧を 30~32…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自発呼吸中のラリンジアルマスク・スプリーム とラリンジアルチューブサクションとの比較

・Supreme ラリンジアルマスク(SLMA)とラリンジアルチューブサクション-ディスポーザブル(LTS-D)は、ともに第 2 世代の声門上気道器具であり 全身麻酔中に人工呼吸患者の気道管理に使用した場合、有効性があるとされている。全身麻酔中に自発呼吸下の患者で、これらの 2 種の器具を比較した公表されたデータはない。 ・自然呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォール鎮静は、自発呼吸患者の横隔膜活動を減少させる:超音波での評価

・横隔膜は人の最も重要な呼吸筋であり、正常被験者で吸気量と横隔膜運動との密接な関係により、超音波を使用して自発呼吸および鎮静薬注入時の横隔膜活動が研究されている。 ・深いプロポフォール鎮静下で診断的処置を受ける合計 36 人の患者を研究した。超音波測定には、以下が含まれた:横隔膜肥厚吸気終末(TEI)および呼気終末(TEE)。様々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:調節呼吸による全身麻酔後に自発呼吸を出すにはどうするか?

A:全身麻酔というからには、鎮痛、鎮静、筋弛緩のいずれの要素もある程度存在する状態である。 筋弛緩がベターッと効いていたら自発呼吸は出るはずもない。また、鎮静を揮発性麻酔薬で行ったのであれば、揮発性麻酔薬の呼気濃度が高い(つまり脳という効果部位での濃度がまだ高い)状態では、なかなか自発呼吸は出ない。揮発性麻酔薬は中枢性の呼吸抑制作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more