テーマ:BIS

冠動脈バイパス移植手術を受けた高齢患者における麻酔深度と脳酸素化の両方の術中最適化: 無作為化対照予備試験

・高齢患者の麻酔深度と局所脳組織酸素化(rScO2)の両方の術中最適化により、術後の認知機能低下(主要評価項目)やせん妄(副次評価項目)は減るのか? ・大都市教育および大学病院と三次次紹介センター単施設での前向き無作為化対照単盲式試験で、人工心肺下の待機的冠動脈バイパス術を受ける年齢 65 歳以上の患者を対象とした。術中麻酔深度(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の BIS 指標モニタリングと周術期の神経認知障害:系統的レビューとメタ分析

・周術期神経認知障害(PND)は、手術後の高齢患者によく見られる。BIS による麻酔が PND の発生に影響を与える可能性があることが報告されている。そこで、この系統的レビューとメタ分析を実施して、バイスペクトルインデックス(BIS)モニタリングと PND の関連性を調査した。 ・2 人の研究者が、PubMed、EMBASE、Co…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔薬の連続投与中のスガマデクスによる筋弛緩の拮抗:バイスペクトル指数を使用した二重盲式無作為化クロスオーバー試験

・ステロイド系筋弛緩薬の特異的拮抗薬であるスガマデクスは、覚醒の臨床徴候と関連していることが時折報告されている。スガマデクス投与後の全身麻酔下で維持されている患者のバイスペクトル指数値と覚醒の徴候の増加を体系的に検索する研究を実施した。 ・筋弛緩を伴う全身麻酔を受ける予定の患者は、この二重盲式無作為化クロスオーバー試験に含まれた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢 1〜12 歳のプロポフォール麻酔下小児におけるバイスペクトル指数の変動:観察研究

・バイスペクトル指数(BIS)の使用は小児麻酔で広まっているが、プロポフォール麻酔下の小児の年齢に応じて BIS がどのように変化するかを詳細に評価しようとした研究はほとんどない。本前向き研究は、BIS 値とプロポフォール麻酔下の 1〜12 歳の小児の年齢との正確な関係を調査することを目的としている。 ・本研究では、麻酔下で手術を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定常状態のデスフルラン麻酔中のバイスペクトル指数と前頭部筋電図に及ぼす筋弛緩拮抗の効果:無作為化試験

・筋弛緩拮抗の程度は、バイスペクトル指数(BIS)値に影響を与える可能性がある。考えられる 1 つの理由は、筋弛緩拮抗が筋膜の筋電図(EMG)信号に影響を与えることである。もう一つの理由は、求心性理論、すなわち、筋弛緩拮抗は、筋伸張受容体で生成された信号が求心性神経経路を介して脳にアクセスする信号の遮断を軽減し、覚醒を誘発することである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健常児 vs 脳性麻痺児で、セボフルラン麻酔を用いた深鎮静中のバイスペクトル指数値と鎮静深度の比較

・脳性麻痺(CP)の患者は、歯周病と齲歯による重大な危険にさらされている。この患者群の歯科治療には、通常、鎮静や全身麻酔などの集学的治療を必要とする薬理学的手法が使用されている。本後ろ向き研究の目的は、ガジ大学歯学部小児歯科学科で健康小児と CP 小児で実施された深鎮静プロトコル中に記録されたバイスペクトル指数(BIS)値と鎮静深度を比…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

整形外科手術を受けた患者におけるバイスペクトル指数(BIS)値と術後シバリングとの関連

・術後シバリングは、全身麻酔後の最もよく見られる副作用の 1 つである。本研究は、整形外科手術を受ける患者における BIS モニタリング値と術後シバリングとの関連を評価することを目的とした。 ・この横断的研究は、2017 年 8 月から 2018 年 9 月まで、Sabzevar 市の Shahid Beheshti 病院で実施さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:BIS センサーの代替貼付部位

揮発性吸入麻酔薬は個人差が少ないため、いつもいつも BIS モニターを装着しようとは思いませんが、全静脈麻酔をする際には、投与薬物量に個人差があるため、やはり使用したくなります。 開心術の人工心肺中は、人工心肺装置に気化器を組み込まない限り、通常は、静脈麻酔をせざるを得ません。また、脳外科手術の際、揮発性吸入麻酔薬は脳血流を増加さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指向連結性変化を利用した麻酔深度測定:プロポフォール麻酔中の聴覚中間潜時遅延反応と推定BISの比較

・全身麻酔は、脳の異なる領域間の連結性の変化に関連し、その評価は、麻酔効果の新規マーカーを提供する可能性がある。著者らは、頭皮から採取された脳波信号の情報フローの強さと方向を定量化する指数を提案しし、「覚醒」と「麻酔」とを区別するその指数の性能を評価し、推定されたバイスペクトル指数と聴覚中間潜時反応とを比較する。 ・著者らは、プロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨床的パラメータのみのモニタリングと比較したBIS指数でモニタリングした全身麻酔の利点

・BIS 指数パラメータは、全身麻酔の調整をガイドするために使用される。しかし、多くの研究は、BIS 指数モニタリングの利点に関する相反する結果を示している。メタ分析によるこの系統的レビューの目的は、BIS 指数パラメータによるモニタリングの臨床的影響を評価することである。 ・科学情報源におけるエビデンスの検索は、以下の主要データ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入をガイドするためのバイスペクトル指数:無作為化対照研究

・全身麻酔導入に際してプロポフォール投与後に頻繁に観察される低血圧が、どの程度プロポフォールの過剰投与によって引き起こされるのかは知られていない。臨床徴候とは異なり、脳波ベースの脳波モニタリングは、催眠薬過量投与を検出し定量化する可能性がある。そこで、著者らは、脳波ベースの脳モニタリングの使用が、プロポフォールによる導入後の低血圧を減少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Q:MAC(BIS50) とは何か?

A:最小肺胞濃度(minimum alveolar concentration)から派生した概念が多数ある中で、揮発性麻酔薬の脳に対する効力、つまり鎮静効果の力価を示す指標として考案されたのが、MAC(BIS50)(あるいは、MACBIS50 とも表記される) である。 MAC(BIS50) とは、50% のヒトで バイスペクトラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔薬効力評価のための吸入麻酔薬の最小肺胞濃度と BIS50 の比較

・バイスペクトル指数(BIS)は、麻酔のための鎮静と催眠の程度を客観的に測定するように設計されている。BIS が吸入麻酔薬の濃度と高度に相関することはよく知られているが、吸入麻酔薬で MAC として表される鎮痛効力が BIS50 として表現される催眠効力に匹敵するかどうかは不明である。本研究は、一般的に使用されている吸入麻酔薬のいろいろ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

BIS モニタリングを用いたデスフルランの最小肺胞濃度に及ぼす静脈内硫酸マグネシウムの効果

・硫酸マグネシウムは、様々な揮発性麻酔薬の最小肺胞濃度(MAC)に影響を及ぼすことが示唆されているが、これまでのところデスフルランに対するその影響は未だに解決されていない。BIS モニタリングを用いて、デスフルランの MAC に及ぼす周術期の硫酸マグネシウム静脈内投与の効果を研究することを目的とした。 ・三次医療病院の手術室での前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIS を 50 未満に維持するためのセボフルラン呼気終末濃度に及ぼす慢性オピオイド使用の影響

・オピオイド鎮痛剤は、急性期反応中に吸入剤の最小肺胞濃度を低下させる。しかしながら、吸入剤の最小肺胞濃度に及ぼす慢性的オピオイド使用の影響は不明のままである。本研究は、オピオイド非使用患者を比較して、慢性オピオイド使用患者で、バイスペクトル指数(BIS)<50 を維持するために必要なセボフルラン濃度(SEVOBIS50)を調査することを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セボフルランとデスフルランの等 MAC における亜酸化窒素のバイスペクトル指数値への影響

・BIS(Bispectral Index)値は、脳波(EEG)信号を抑制する能力に応じて、麻酔薬特有のものである可能性がある。セボフルランとデスフルランの等 MAC における BIS 値に及ぼす亜酸素化窒素(N2O)の効果を研究するために、著者らは前向き無作為化臨床試験を実施した。 ・脊椎手術を受ける成人患者 60 人を無作為に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎮静深度評価のためのバイスペクトル指数とリッチモンド鎮静尺度の相関:後ろ向き的研究

・本研究では、バイスペクトル指数(BIS)とリッチモンド興奮鎮静尺度(RASS)を評価するにあたってこれらの相関を検証し、RASS を BIS に置き換える可能性を調査することを目指している。 ・本後ろ向きコホート研究は、2012 年 5 月から 2015 年 6 月まで、XXX 病院の第 3 集中治療室(ICU)病棟から収集さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要なうつ病性障害を有する個人では、BIS で測定されたセボフルラン必要量が減少する可能性がある

・GABA(γ-アミノ酪酸)は、CNS における主要な抑制性神経伝達物質であり、全身麻酔薬のよく知られた標的である。さらに、GABA の調節障害は主要なうつ病障害(MDD)の病因に関与する可能性がある。本研究では、MDD が BIS によって測定された麻酔薬の必要性に影響を及ぼすかどうかを判断することを目指した。 ・本研究は、施設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジア人高齢者集団で麻酔に際してのイソフルラン消費量と回復過程に及ぼすバイスペクトル指数モニタリング

・高齢者における年齢に関連する生理学的予備能が限られていることと関連する併存症は、副作用を最小限に抑えるために吸入麻酔薬を注意深く調節する必要がある。バイスペクトル指数(BIS)モニタリングの使用は、この点で有用かもしれない。本研究の目的は、麻酔維持中のイソフルラン消費量と、麻酔終了時の回復過程時に及ぼす BIS モニタリングの効果を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者のバイスペクトル指数に及ぼすスフェンタニルの効果

・著者らは、プロポフォールによる麻酔導入時にスフェンタニルを添加することが、高齢患者(年齢 65 歳以上)の BIS 値に及ぼす影響を検討した。 ・患者は、スフェンタニルの TCI(効果部位濃度 0.3ng/ml)か、対応するプラセボを投与されるよう無作為に割り当てられ、その後プロポフォール TCI(初期効果部位濃度 0.5 μg…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキサメトニウムはバイスペクトル指数を迅速に増加させる

・手術室で全身麻酔を施行すると、スキサメトニウムの静脈内注射後のバイスペクトラル指数(BIS)の速やかな増加が観察された。著者らは、この BIS 増加の原因は、線維束攣縮による筋肉活動の亢進であると仮説した。しかしながら、スキサメトニウムによる全身麻酔導入に際しての BIS の急激な増加に関する報告はない。 ・著者らは、スキサメト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻酔深度指標としてのバイスペクトル指数測定値と術後死亡率との関係:観察研究のメタ分析

・麻酔深度と死亡率との間の関連性は、依然として議論の余地がある。この関連性を裏付けるこのトピックに関する多くの総説があるが、その結論は定性的分析のみに基づくものである。観察研究の本メタ分析の目的は、適切な定量的方法を用いた、低バイスペクトル指数(BIS)と死亡率との間の潜在的関連性を調査することであった。 ・麻酔深度と死亡率との関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎮静された成人 ICU 患者のモニタリングにバイスペクトルインデックス(BIS)を利用:系統的レビュ

・ICU での理想的な鎮静レベルは、現在も続いている研究調査対象である。高い鎮静レベルでは、現在のスコアリングシステムは理想的ではない。BIS は両方を改善する可能性がある。著者らは、鎮静下に人工呼吸(MV)を受けている ICU 患者で、臨床的鎮静スコア(CSS)と比較した BIS モニタリングの有効性に関する文献を評価した。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more