テーマ:TAP

オピオイド鎮痛剤使用を減らすための肥満症手術患者へのリポソームブピバカインによる術前TAPブロック

・術後疼痛は入院および外来手術後の最も一般的な課題のままであり、したがって、オピオイド鎮痛剤は周術期に広く使用されている。本研究の目的は、肥満症手術の周術期におけるオピオイド鎮痛剤の使用を減らす上でリポソームブピバカインを用いた腹横筋膜面(TAP)ブロックの有効性を調査することである。 ・2017 年 9 月 13 日から 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼡径ヘルニア修復でTAPブロックの術後鎮痛に及ぼす神経周囲ブプレノルフィンとデキサメタゾン

・腹横筋膜面(TAP)ブロックは、腹外側壁を支配する胸腰神経をブロックするのに効果的なテクニックである。本研究は、片側鼡径ヘルニア形成術後の TAP ブロックにおける神経周囲ブプレノルフィンまたはデキサメタゾンの追加による鎮痛効果とオピオイド消費量を評価するために実施された。 ・本前向き無作為化二重盲式プラセボ対照試験では、片側鼡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more