テーマ:アセトアミノフェン

帝王切開患者の急性術後疼痛に対するアセトアミノフェン静注の鎮痛効果:無作為化二重盲検プラセボ対照試験。

・帝王切開分娩の割合は米国で増加している。満足な術後鎮痛は、依然として帝王切開の最優先事項である。オピオイド消費量の減少と患者満足度の改善を伴うマルチモーダル鎮痛は、この患者集団をケアする麻酔科医の目標である。著者らの研究では、24 時間にわたって 4 回に分けてアセトアミノフェンを静注し、帝王切開で脊柱管麻酔を行った患者の疼痛スコアと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈内アセトアミノフェンは小児扁桃摘出術における周術期オピオイド使用を減らすか?

・オピオイド使用に伴う安全性の懸念から、術後疼痛管理は小児耳鼻咽喉科で大きな関心を集めている。著者らは、術中の静脈内アセトアミノフェンの追加により、小児扁桃摘出術における周術期モルヒネ使用が減少するかどうかを調査しようとした。 ・本研究は、三次医療の小児病院で実施された後向きコホート研究である。扁桃摘出術±アデノイド切除術を受けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎮痛効果-腰椎椎間板切除後の間歇的および患者管理鎮痛ポンプによるパラセタモールの比較:前向き臨床研究

・腰椎椎間板切除術は、椎間板ヘルニアの最も一般的な外科治療である。術後痛は、入院期間、機能状態、患者の生活の質に大きく影響するよくある臨床上の問題である。本研究の目的は、単椎間腰椎椎間板切除術後の間歇的および患者管理鎮痛(PCA)ポンプによるパラセタモールの術後鎮痛効果を比較することであった。 ・腰仙椎の磁気共鳴像により診断された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工股関節全置換術後のマルチモーダル鎮痛の一環としての静脈内 vs 経口アセトアミノフェン

・アセトアミノフェンを含むマルチモーダル鎮痛は、人工股関節全置換術(THA)後の鎮痛にますます普及している。アセトアミノフェンの静脈内(IV)投与は薬物動態学的利点を有するが、臨床上の利点は不明である。著者らは、IV アセトアミノフェンは経口アセトアミノフェンと比較して、運動時疼痛、オピオイド使用量、オピオイド関連の副作用を軽減すると仮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後高齢患者でプロポフォール/デキスメデトミジン併用アセトアミノフェン静注 vs プラセボ

<キーポイント> 疑問:プロポフォール/デキスメデトミジン静脈内投与に併用した定時静脈内アセトアミノフェン(パラセタモール)の術後使用は、心臓手術を受けた高齢患者の術後せん妄のリスクを軽減するか? 知見:心臓外科手術を受けた 120 人の患者を対象とした本無作為化臨床試験では、術後 48 時間にアセトアミノフェンを静脈内投与し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下子宮摘出術の周術期鎮痛におけるアセトアミノフェン vs 生食の静脈内投与

・オピオイドは術後痛の治療に効果的であるが、嘔気を引き起こす可能性があり、長期使用に伴う依存症に関連付けられている。アセトアミノフェンなどの非オピオイド薬は、患者に安心感を提供しつつ、これらの望ましくない効果を減らすという見込みを提供する。研究の目的は、腹腔鏡下子宮摘出術後に、アセトアミノフェンとプラセボの静脈内投与(IV)を比較して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下垂体腫瘍に対する経蝶形骨洞手術中の静脈内アセトアミノフェンと術中オピオイド消費量減少との関連

・経蝶形骨洞手術中と術後の疼痛は、鼻腔と硬膜の内面を支配する三叉神経頭蓋神経枝の刺激に起因する。それにより、経蝶形骨洞手術を受ける患者は、オピオイドを含む中程度から大量の鎮痛剤を必要とする可能性がある。アセトアミノフェンの静脈内投与は鎮痛作用をもたらし、さまざまな手術でオピオイド消費量を減らす。著者らは、アセトアミノフェンの静脈内投与は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな術後疼痛管理(静脈内アセトアミノフェン:Acelio)は、食道切除後の回復強化につながる

・研究の目的は、術後予定された静脈内アセトアミノフェンが、食道切除後のオピオイド使用を減少させ、回復を高める有効性を調査することであった。 ・術後予定された静脈内アセトアミノフェン導入前後に、食道癌に対して食道切除術を受けた 93 人と 69 人の連続患者を用いて傾向スコアを一致させた集団を作成し、短期的臨床転帰を比較した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結腸癌手術痛に対する予定された術後静脈内アセトアミノフェンの有効性

・結腸癌術後の疼痛を管理するために繰り返し鎮痛薬注入を使用する必要がある患者の臨床症例が頻繁に観察される。本稿では、硬膜外麻酔を用いた結腸癌手術で、術後の静脈内(IV)アセトアミノフェンの鎮痛頻度と安全性について検討する。 ・大腸癌手術中に硬膜外麻酔を受けた患者のうち、28 人の患者からなるある群にアセトアミノフェンを投与したが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃癌の胃切除術後の術後静脈内アセトアミノフェン+胸部硬膜外鎮痛 vs 胸部硬膜外鎮痛単独の無作為化

・アセトアミノフェンは、術後疼痛管理のためのマルチモーダル治療に使用されている。しかしながら、胸部硬膜外鎮痛(TEA)と併用したアセトアミノフェンのさらなる効果は十分に理解されていない。本前向き多施設無作為試験は、胃癌手術における術後疼痛管理に際して、TEA に併用したルーチンの静脈内(i.v.)アセトアミノフェンの有効性を評価するため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰椎椎間板切除後の間欠投与されたパラセタモールと患者管理鎮痛ポンプを介したパラセタモールの鎮痛効果

・腰椎椎間板切除術は、椎間板ヘルニアに対する最も一般的な手術治療である。術後疼痛は入院期間、機能状態、患者 QOL に大きく影響するよくある臨床的問題である。本研究の目的は、単一レベルの腰椎切除術後で、間欠的に投与されたパラセタモールの術後鎮痛効果と、患者管理鎮痛(PCA)ポンプによるものとを比較することであった。 ・腰椎の MR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後の疼痛管理の患者満足度を改善する計画的静脈内アセトアミノフェン:前向き無作為化対照二重盲式研究

・眠気、嘔気/嘔吐、混乱、瞳孔変化などのオピオイド関連副作用は、術後神経学的悪化の徴候を隠すかもしれないために、術後疼痛をオピオイドで管理するのが難しい場合がある。非オピオイド鎮痛剤である静脈内(IV)アセトアミノフェンは、腹部手術や整形外科術後にオピオイド回避効果を有することが報告されている。本研究は、IV アセトアミノフェンが開頭術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後疼痛管理のための帝王切開術前の静脈内アセトアミノフェン治療:無作為化二重盲式偽薬対照試験

・米国では現在、オピオイド使用障害の流行があり、オピオイドの使用を最小限にする方法を評価する研究が必要とされている。これらの選択肢の 1 つは、静脈内アセトアミノフェンである。術前の静脈内アセトアミノフェンの使用が帝王切開に有効であると判明した場合、これは母体と母乳で育てられる新生児にとって有益であろう。主な研究目的は、プラセボ投与の対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小児扁桃腺摘除術における術中のアセトアミノフェン静脈内投与の無作為化前向き評価

・研究の目的は、小児のアデノイド扁桃摘出術後の術後疼痛管理において、標準化経口疼痛内服処方に追加したアセトアミノフェンの単回静脈内(IV)投与の安全性と有効性を確立することであった。 ・大学関連医療施設での無作為化対照前向き臨床試験で、2014 年 12 月から 2016 年 11 月まで、同一の外科医による扁桃摘出術またはアデノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈内アセトアミノフェンは、小児の脊椎後方固定術後の術後オピオイド消費を介して在院期間を短縮

・静脈内アセトアミノフェン(IV APAP)の承認以来、その使用は強い肯定的エビデンスはないが、かなり一般的になっている。著者らの目標は、小児患者でオピオイド関連副作用を仲介とした入院期間(LOS)に及ぼす IVAPAP の効果を調査することであった。 ・治験審査委員会の承認後、脊椎後方固定術を受ける 114 人の青年を前向きに募…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外来乳房区域切除術後の患者の回復の質を改善するための全身性アセトアミノフェン単回投与

・外来手術後の患者の回復の質を改善するために有効な全身薬物介入はほとんどない。著者らは、全身性アセトアミノフェン単回投与が、外来乳房手術を受ける女性患者の回復の質を改善するかどうかを評価することを目指した。著者らは、手術終了時に全身アセトアミノフェン単回投与を受けた患者は、生食を投与された患者と比較して、全体的な術後回復の質が高いと仮定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初回全膝関節形成術後の術後鎮痛に対するアセトアミノフェン静注の有効性

・静脈内アセトアミノフェンの使用は、疼痛管理に対するマルチモーダルアプローチの 1 つの構成要素として注目を集めている。しかしながら、全関節形成術における疼痛管理に際しての静脈内アセトアミノフェンの有効性を調査する文献は不足している。本研究の目的は、初回全膝関節形成術後の静脈内アセトアミノフェンの有効性を評価することであった。 方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静脈内アセトアミノフェンは、心臓手術後の持続的手術疼痛を減少させない

・著者らは、周術期アセトアミノフェンが 30 日および 90 日切開部痛を軽減するという仮説を検討した。 ・これは三次医療病院(単施設)心臓手術部門での、胸骨正中切開術によって心臓手術を受ける患者を対象とした前向きで無作為化二重盲式試験であった。患者を無作為に静脈内(IV)アセトアミノフェンか、または IV プラセボに割り当てた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術中パラセタモールと術前デキサメタゾンを併用すると、術後咽頭痛が軽減される:前向き無作為試験

・気管挿管による全身麻酔後の術後咽頭痛(POST)は、よく見られる望ましくない合併症である。本研究で著者らは、全身麻酔後の患者の POST の予防に及ぼすパラセタモールとデキサメタゾンの併用効果を評価した。 ・全身麻酔下で泌尿器科手術を予定している合計 226 人の患者を、2 群のうちの 1 群に無作為に割り当てた。DexaPar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有熱重症疾患成人の中枢体温と血行動態に及ぼすアセトアミノフェン静脈内投与の効果:無作為化比較試験

・研究の目的は。有熱重症疾患患者で、アセトアミノフェン静脈内投与が中枢温、血圧、心拍数に及ぼす影響を調査することであった。 ・発熱を伴う 40 人の重症疾患成人(核温≧38.3℃)を対象とした、大規模な都市部学術医療センターの 3 つの成人 ICU での無作為化二重盲式偽薬対照臨床試験である。アセトアミノフェン 1g か、または偽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全膝関節形成術後のマルチモーダル鎮痛に対する補助剤としての静脈内 vs 経口アセトアミノフェン

・術後鎮痛のための経口剤と比較した静脈内アセトアミノフェンの有効性は不明である。著者らは、マルチモーダル鎮痛処方へのアセトアミノフェンの追加は、全膝関節形成術(TKA)後の患者で疼痛管理を改善し、アセトアミノフェンの効果は投与経路によって変化すると仮定した。 ・本研究は、片側性 TKA を受ける患者で、静脈内投与 vs 経口投与の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重症小児でのアセトアミノフェン(パラセタモール)による循環動態変化

・パラセタモールは血圧低下、特に発熱している重症成人の血圧低下に関連している。重症小児ではパラセタモールの投与後に血圧が低下し、この効果は発熱時や体表面積/体重比の高い小児の方が大きいという仮説を立てた。 ・小児集中治療室に入室した小児(年齢 0-16 歳)を対象とした 12 カ月間の前向き観察研究で、脈拍輪郭分析を受け、パラセタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more