テーマ:カフなしチューブ

不適切に大きなサイズのチューブを選択することを回避するための小児カフなし気管チューブサイズの年齢ベースの予測:後ろ…

・本研究は、回帰方程式 ODCal=0.00223×年齢(日)+4.88 に従った各患者の計算外径(ODCal、mm)に基づいて、年齢 2 歳未満の小児のカフなし気管チューブ(TT)サイズについて、以前に報告された著者らの予測手法を検証すること、特に大きなサイズのチューブは気管を損傷しうるため、再挿管の頻度を減らせる初期 TTサイズを選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more