テーマ:内頚動脈内膜剥離術

冠動脈バイパス術前の無症候性頸動脈狭窄の保存的管理と頸動脈内膜剥離術:後ろ向き研究

・著者らの後ろ向きな単施設研究は、CABG の前に未治療の無症候性頸動脈狭窄≧60% の患者と比較して、頸動脈内膜剥離術(CEA)の安全性を評価することを目的としている。 ・この単施設後ろ向き研究には、2004 年から 2017 年までに CABG で治療された無症候性の片側性頸動脈狭窄症の 174 人の患者が含まれた。そのうち …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more