テーマ:尿道カテーテル

尿道カテーテル法は、非腫瘍学的腹腔鏡下骨盤手術中に必要ではない

・非腫瘍学的腹腔鏡下骨盤術の前にルーチンの尿道カテーテルが必要かどうかに関して、専門家の意見は分かれている。カテーテルは、恥骨上腹腔鏡ポートを挿入する際の膀胱損傷の発生率を低下させ、膀胱充満による骨盤の視界の妨げを防ぐと考えられている。ただし、カテーテル挿入には院内感染のリスクが伴い、金銭的コストがかかる。さらに、留置カテーテルは早期離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹部手術を受けた術後の尿閉を回避するための硬膜外カテーテルと尿道カテーテル抜去の最適タイミング

・術後尿貯留(POUR)は、硬膜外麻酔の最も頻繁な合併症の 1 つである。本研究は、POUR の危険因子を明らかにし、尿道カテーテル抜去の適切なタイミングを推定することを目的としている。 ・2014 年 9 月から 12 月までに、硬膜外麻酔と大きな腹部手術を受けた 120 人の患者を対象に、後ろ向きコホート研究を実施した。POU…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

術後カテーテル関連膀胱不快感におけるセボフルラン vs プロポフォール:前向き無作為化試験

・術後カテーテル関連膀胱不快感(CRBD)は、覚醒時興奮を増加させる。ムスカリン受容体の活性化が、CRBD 発症の主要なメカニズムである。実験的研究では、セボフルランは抗ムスカリン作用を有するのに対して、プロポフォールは抗ムスカリン作用を示さなかった。著者らの仮説は、セボフルラン麻酔が膀胱手術後の CRBD の発生率を減少させるというこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尿道カテーテルによる不快を軽減する方法

 もうかれこれ10年くらい前であろうか、今とは違うやり方をしていた頃・・・・、全身麻酔から覚醒して病棟へ帰室しようとしている男性患者の非常に多くが、「しっこがしたい~、してもええか?」と訴えていた。「男性は女性に比べて尿道が長いから、ゴムの不快感もひどいんだろうな~。」くらいにしか考えていなかった。  当時は、麻酔科的に、「尿量は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more